話題
2020/6/17 7:15

1位は40年以上の歴史を持つ「うまい棒シリーズ」——マジでうまいと思う駄菓子ランキング

世の中のあらゆる「こと・もの」をランキング化するgooランキングは、子どもから大人まで年齢を問わず愛されている駄菓子をテーマに、「マジでうまいと思う駄菓子はどれなのか?」を調査しました。

 

その結果、1位は「うまい棒シリーズ」となっています。2位は「ブラックサンダーシリーズ」で、3位は「ベビースターラーメンシリーズ」でした。

 

出典画像:プレスリリースより

1位に選ばれたのは、サクサクとした食感とバラエティーに富んだフレーバーが特徴の「うまい棒シリーズ」でした。1979年の発売開始からラインナップされているとんかつソース味(旧名称:ソース味)や、人気の高いコーンポタージュ味、チーズ味など、さまざまな味が楽しめるのがうれしいところ。おやつとしてはもちろん、おつまみにも合いそうですね。

 

2014年からは価格をアップした「プレミアムうまい棒」も登場しています。しかし、基本的には1979年の発売以来ずっと10円(税抜)で買うことができるのも、多くの人に愛されている理由ではないでしょうか。

 

2位には、ザクザクとした食感でおなじみのチョコレート菓子「ブラックサンダーシリーズ」がランクインしました。独特な食感を生み出しているのは、ほろ苦いココアクッキーと歯応えのあるプレーンビスケットの2種類です。表面を包むチョコレートの甘さと、ほろ苦さ、歯応えのバランスが絶妙で、小腹がすいた時につい食べたくなりますよね。

 

基本となる「ブラックサンダー」は1本30円(税抜)と低価格ですが、増量版の「ビッグサンダー」でも50円(税抜)とお手ごろな価格となっています。チョコレートアイスと組み合わせた「ブラックサンダーアイス」のようなバリエーション商品が用意されているのもうれしいところです。

 

3位は、「ラーメンをそのまま食べる」という発想から誕生し、60年以上の歴史を持つ「ベビースターラーメンシリーズ」でした。1959年の発売当時「ベビーラーメン」の名称で販売されていたチキン味は、長く愛されているシリーズの定番商品。チキンと野菜の深い味わいが楽しめます。

 

ソース味やうましお味、鶏ガラしょうゆ味などバリエーションが豊富で、「ベビースターラーメン ミニ」や食べ応えがパワーアップした「ベビースタードデカイラーメン」のようにサイズバリエーションが充実している点も評価されたのではないでしょうか。

TAG
SHARE ON