話題
2020/7/2 7:30

1位は1975年発売開始のカルビー「ポテトチップスシリーズ」——正直一番うまいスナック菓子ランキング

世の中のあらゆる「こと・もの」をランキング化する情報サイトgooランキングは、「一番うまいと思うスナック菓子はどれなのか?」を調査しました。

 

1位は「ポテトチップスシリーズ」となっています。2位は「じゃがりこシリーズ」、3位は「かっぱえびせんシリーズ」でした。

 

出典画像:プレスリリースより

1位に選ばれたのは、1975年から発売されているカルビーの「ポテトチップスシリーズ」でした。2018年に同社の売り上げ1位を記録した、うすしお味をはじめ、コンソメパンチ味やのりしお味、期間限定商品や地域限定商品など、豊富なラインナップが魅力です。原料となるジャガイモは畑の土からこだわって生産しています。

 

独特のパリッとした食感は、発売から研究し続けているというスライス時の厚みと、小まめに温度調整しながら揚げる製法で実現しています。こうしたこだわりが、人気の秘けつなのかもしれません。

 

2位に続いたのは、1995年に発売されたカルビーの「じゃがりこシリーズ」です。発売当初から一度も味を変えていないというサラダ味が人気ですが、もともと流行に敏感な女子高生をターゲットに開発された商品ということもあり、これまでに130種類以上の味が開発されているのだとか。バリエーションの豊富さはもちろんですが、つまみやすいスティック型の形状や手を汚しにくい独特の製法など、おしゃべりしながらでも食べやすいことにこだわった点も、高く評価されたと言えそうです。

 

3位にランクインしたのは、1964年から販売されている超ロングセラー「かっぱえびせんシリーズ」でした。1位、2位と同様にカルビーの人気商品で、「やめられない、とまらない」のキャッチフレーズでおなじみです。

 

アカエビやサルエビ、キシエビなど数種類の天然エビを殻ごと使用した風味豊かな味と、油で揚げずに生地と塩をいることによって実現したサクサクの食感は、まさに「やめられない、とまらない」。長く愛されている理由もよく分かります。

TAG
SHARE ON