話題
2020/7/17 7:15

在宅期間中に大学生がお金をかけたカテゴリーとして「書籍・コミック・雑誌」が上位に

楽天が運営するオンライン書店「楽天ブックス」は、「在宅期間中の学生生活に関するアンケート調査」の結果と、「大学生の学年別書籍ランキング」を発表しました。

 

3月から5月の在宅期間中にお金をかけた商品やサービスカテゴリーを大学生に聞いたところ、「書籍・コミック・雑誌」が各学年でトップか2番目でした。「大学生の学年別書籍ランキング」の結果は、大学3年生では就職活動対策の書籍が大半となっています。

出典画像:プレスリリースより

 

3月から5月の在宅期間中にお金をかけた商品やサービスカテゴリーについて大学生に聞いたところ、「書籍・コミック・雑誌」が各学年のトップか2番目となりました。「楽天学割」会員による「楽天ブックス」の「書籍・コミック・雑誌」部門では、4月の売上が前月比2.2倍、書籍単体では2.4倍に伸びました。

 

出典画像:プレスリリースより

大学1年生から4年生までの「楽天学割」会員を対象に実施した「在宅期間中の学生生活に関するアンケート調査」で、3月から5月までの在宅期間中に最もお金をかけたものを聞いたところ、「書籍・コミック・雑誌」が、大学1年生と2年生で最多となりました。大学3年生と4年生では、デリバリーやテイクアウトなどを含む自宅での食事に次いで2番目となっています。

 

出典画像:プレスリリースより

「楽天ブックス」と「楽天学割」の双方を利用する大学生の購買データをもとに「大学生の書籍・コミック・雑誌の売上推移」を分析してみました。特に、在宅が推奨された4月の売上は前月比2.2倍となっています。書籍単体では、売上増加率が前月比2.4倍と最も伸長しました。

 

大学生が実際に購入した書籍をまとめた「大学生の学年別書籍ランキング」によれば、大学3年生では就職活動対策の書籍が大半でした。全体では、語学や資格取得対策用の書籍がトップ10の多くを占めています。

 

「楽天ブックス」と「楽天学割」の双方を利用する大学生の購買データをもとに、4月から5月までの書籍単体の販売数ランキングを学年別に見てみました。2022年に卒業を予定している大学3年生は、就職活動対策関連本と語学試験であるTOEICの対策本がトップ10のすべてを占める結果となりました。就職活動に備える学生が多いことがうかがえます。

 

その他の学年を見ると、ゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」の攻略本などが人気を博すなか、TOEIC対策本や簿記などの資格取得対策本が多くランクインしました。資格取得を目指すために、在宅期間を勉強にあてる学生が多くいるのではないかとみられます。

TAG
SHARE ON