話題
2020/7/24 7:15

パスポートいらずで、世界の絶景を満喫!?−−日本の「まるで海外」絶景ランキング

リクルートライフスタイルが企画や編集をする旅行情報誌「じゃらん」は、国内で楽しめる「まるで海外絶景」についてアンケートを実施しました。

 

海外旅行気分を楽しめるスポットが国内でも数多くあり、約75%が「興味がある」「行ってみたい」と回答しています。そのベスト3には、以前から根強い人気を誇る「竹田城跡」や「父母ヶ浜」がランクインしました。

出典画像:プレスリリースより

 

 

1位:まるで「マチュピチュ」竹田城跡【兵庫県】

出典画像:プレスリリースより

山頂に悠然と姿を現す天空に浮かぶ山城跡。標高353.7mにある城跡には、約400年前に造られた天然石の石垣が残っています。向かいにある「立雲峡」からは全貌を眺めることが可能です。早朝に行くと朝日に輝く竹田城跡を見ることができます。

 

2位:まるで「青の洞窟」竜王洞【新潟県】

出典画像:プレスリリースより

佐渡最南端にある琴浦洞窟群の中でも特に大きい竜王洞。カヤックやモーターボートなどで中に入ることが可能です。天気の良い日には太陽の光が差し込み、海の色が美しい青色に見える神秘的な探検を楽しんでみてはいかがでしょう。

 

3位:まるで「ウユニ塩湖」父母ヶ浜【香川県】

出典画像:プレスリリースより

風のない干潮時の潮だまりが鏡のようになるので、「日本のウユニ塩湖」と人気が上昇しています。日没のマジックアワーは幻想的な風景が広がり、特に干潮と重なる時期が美しいです。

 

4位:まるで「ピピ島」ヒリゾ浜【静岡県】

出典画像:プレスリリースより

船でしか行けない場所のため、手つかずの自然が残された宝石箱のようなビーチです。普段は立ち入り禁止ですが、夏の間だけ渡船が出ます。5m底の石まで見える透明度、豊かな珊瑚と魚たちなど、海中風景は日本とは思えない美しさです。

 

5位:まるで「パイネ国立公園」仏ヶ浦【青森県】

出典画像:プレスリリースより

「五百羅漢」「一ツ仏」など、仏にちなんだ名を持つ白い岩が約2kmにわたって連なる景勝地です。観光船に乗って上陸するのがおすすめ。高さ100mの岩を間近で見ると、その迫力に圧倒されます。運が良ければイルカに会えることも。

 

6位:まるで「ハワイ」日南海岸【宮崎県】

出典画像:プレスリリースより

美しいビーチが広がる海岸線が魅力のスポットです。輝く太陽と色とりどりの花が咲く様子はワイキキのビーチのような景色。温暖な気候に加えて、醸し出す空気感からも、どっぷりハワイ気分に浸れそうです。

 

7位:まるで「ドーバーの白い崖」屛風ケ浦【千葉県】

出典画像:プレスリリースより

銚子市名洗町から旭市飯岡刑部岬まで約10km続く高さ20~60mの海食崖です。約300万年前からのさまざまな地質の重なりが美しく、東洋のドーバーとも呼ばれています。銚子マリーナ海水浴場から屏風ケ浦沿いに続く遊歩道から見るのがオススメです。

 

7位:まるで「トンガリロ国立公園」御釜【宮城県】

出典画像:プレスリリースより

噴火口に生まれた湖で、さまざまな鉱物が溶け込んだエメラルドグリーンの水をたたえています。時間や天候などの条件により色が変化するため「五色湖」とも呼ばれています。

 

9位:まるで「サハラ砂漠」鳥取砂丘【鳥取県】

出典画像:プレスリリースより

東西16km、南北2.4kmに雄大な砂の世界が広がります。風によって創り出される砂の造形美、「風紋」や「砂柱」「砂簾」など見ごたえのある風景は感動必至です。「馬の背」と呼ばれる高さ47mの砂の丘からは、360度のパノラマ絶景が楽しめます。

 

10位:まるで「アマルフィ」雑賀崎【和歌山県】

出典画像:プレスリリースより

和歌山市の南西端にある小さな港町は、かつて信長や秀吉と戦った雑賀衆の本拠地です。湾を囲む緑豊かな傾斜部に家々が立ち並び、対岸からみると蜃気楼と錯覚する海岸美はアマルフィを彷彿とさせます。夕日や夜景スポットとしても人気です。

TAG
SHARE ON