話題
2020/9/1 7:30

コロナ禍で購入したお家アイテムとお家時間の変化をアンケート

最新の高品質な3Dプリンターとレジンを販売するフェリデンシア・キャピタルは、「コロナ禍で購入した、お家アイテムとお家時間の変化」をアンケート調査しました。

 

コロナ禍における自粛生活の中で生まれた時間を有効活用し楽しく過ごすため、新たに家電やガジェットを購入した人は約4割に上りました。イヤホンやパソコン用マイクなどリモート会議に使用する関連用品の購入が最も多かったです。お家で新たに始めた趣味では、ストレッチや筋トレといった軽運動でした。

 

出典画像:プレスリリースより

「3月以降のコロナ禍で、新しく購入した家電・ガジェットはありますか?」と聞いたところ、約4割の人が「ある」と回答しました。外食や旅行をする人が一気に減少し、お家で過ごす時間が増えたことから、生活の質を向上させようとする動きが見られます。

 

出典画像:プレスリリースより

購入した物の中で最も多かったのが、リモート会議の関連用品でした。具体的には、イヤホンやパソコン用マイクなどを中心によく購入しています。これまでオフィスでのみ仕事をしていた人たちにとっては、急にリモートワークの環境を整える必要が生じ、急いで購入したと考えられます。

 

2番目に多かった物は料理関連の家電で、ホットプレートやミキサー、ホットサンドメーカーなどでした。お家での時間が増えたことにより、ホットケーキなどのお菓子を作る人が急激に増えたとみられます。スーパーでは実際に、ホットケーキミックスが常に在庫切れという状況が続きました。

 

出典画像:プレスリリースより

「コロナで増えたお家での時間で、新たに始めた趣味はありますか?」と尋ねたところ、4割以上の人が「はい」と答えました。

 

出典画像:プレスリリースより

最も多かった回答は、ストレッチや筋トレといったお家でできる軽運動でした。通勤や外に出る時間が減ったため、運動不足解消やストレス発散になる軽い運動を行う人が多くなっています。

 

2~3番目に多かったのは、お菓子作りやお料理です。普段は忙しくてなかなかできなかったお菓子作りや、お料理に挑戦する人が増えているようです。

 

4番目には、家庭菜園がランクインしました。お料理とつながってきますが、自分で野菜を育てて料理するという趣味を始めた人も14%もいます。そのほか、ゲームや読書、映画鑑賞などに没頭する人たちも多く見られました。

TAG
SHARE ON