話題
2020/9/2 7:30

七五三の記念写真、感染対策重視9割以上−−コロナ禍における七五三撮影に関する意識調査

ピクスタが運営する出張撮影プラットフォーム「fotowa(フォトワ)」は、「コロナ禍における七五三撮影」に関する意識調査を行いました。

 

コロナ禍の七五三を心配する人は約7割ですが、それでも6割が記念写真を希望しています。感染予防対策を重視する人は96.3%に達し、祖父母を記念撮影に招くことに8割の人が不安を感じていました。混雑を避けるため、撮影時期をずらすことを「まだ考えられていない」人は4割に上ります。平日の記念撮影に前向きなのは半数でした。

 

出典画像:プレスリリースより

七五三を実施するにあたっての心境を尋ねたところ、「非常に心配」が25.5%、「やや心配」は43.6%と、約7割のママが憂慮していることがわかりました。

 

出典画像:プレスリリースより

今年の七五三の記念撮影について尋ねると、「これから撮影を行う予定」29.1%、「コロナの影響を見ながら撮影の実施を検討する予定」が34.5%と、前向きに検討している人が6割を超えています。一方で、「コロナの影響を見て、今年は撮影を断念する予定」の人も、12.7%いました。

 

出典画像:プレスリリースより

七五三の記念撮影にあたり、感染予防対策をどの程度重視しているかを尋ねたところ、高い意識がうかがえる結果となりました。「とても重視する」が54.5%、「やや重視する」は41.8%と、合わせて9割を超えています。

 

出典画像:プレスリリースより

記念撮影を行うにあたり、具体的にどんな点が気になるかを尋ねたところ、最も気になるのは「撮影場所の混雑具合」で72.7%でした。次に、「撮影場所の環境」が65.5%と続きます。

 

また、「スタッフやカメラマンの感染対策(マスク、手指消毒等)」や、撮影で使用する貸衣装屋小道具の消毒状況も、それぞれ6割以上が「気になる」と回答しました。触れるものへの消毒対応は当然ながら、密集・密接・密閉の3密を避けようとする意識の高さがうかがえます。

 

出典画像:プレスリリースより

高齢者が新型コロナウイルスの影響を受けやすいといわれる中で、七五三の記念撮影に祖父母を招くことについて、どのように感じているかを尋ねました。「とても不安」が47.3%、「やや不安」が36.4%と、8割以上の人が「不安」を感じていることがうかがえます。

 

出典画像:プレスリリースより

3密を避けるために、七五三のピーク時期である11月や土日祝日を含めた休日を避けるための対策を行うかも尋ねました。「撮影時期をずらす予定」という人の中で、最も多かった時期は9月で9.1%でした。ただ、現状「まだ考えられていない」が40%と、最も多い結果となっています。

 

出典画像:プレスリリースより

混雑を避けるため、「平日予定」の23.6%、「平日も検討中」の25.5%を合わせると、約半数の人が「平日実施」を検討していることがわかりました。しかし、「平日に行いたいが土日祝日しかできない」という人も2割います。「土日祝日に行う予定」の10.9%を含めると約3割の人は、例年だと混雑が予想される「土日祝日の撮影」を避けられないこともわかりました。

TAG
SHARE ON