話題
2020/11/9 6:15

リモートワークで買ってよかったものランキング 1位は「イヤホン・ヘッドホン」

ビズヒッツは、全国の男女500人を対象に、「リモートワークのために購入したものに関する意識調査」を実施しました。

 

自宅勤務の広がりに伴い、これまで一部の人にしか需要のなかったパソコン関連商品や便利グッズが注目されるようになっています。リモートワーク用に購入したものの1位は、「PC周辺機器」でした。リモートワークのために使った金額は平均2万9938円で、買って最も良かったものは「イヤホン・ヘッドホン」となっています。

 

出典画像:プレスリリースより

リモートワークのため購入したものを聞いたところ、ダントツに多かったのはパソコン周辺機器でした。イヤホンやヘッドセット、WEBカメラといったWEB会議に使用する機器のほか、ワイヤレスのマウスやキーボードなどパソコン作業を快適にするグッズの購入も目立っています。

 

次に多かったのは、デスクや椅子、機能性クッションといったワーキングスペースを整えるためのグッズでした。リモートワークを機に、ノートパソコンやタブレットを新調した人も多く見られます。

 

出典画像:プレスリリースより

リモートワークのために使った金額を聞いたところ、平均は2万9938円となっています。5千円未満の人が最も多いものの、平均より多い3万円以上を使った人は全体の29.6%でした。10万円以上の人も10%を占めています。

 

5万円以上を使った人の多くは、イヤホンやWEBカメラ、モニターといったパソコン周辺機器のまとめ買いや、仕事スペースを作るための家具を購入しています。10万円を超えている人の80%は、パソコンまたはタブレットを新調していました。リモートワークを始めるにあたっての出費は、決して少なくないようです。

出典画像:プレスリリースより

リモートワーク用に購入しものの中で、「一番買ってよかったもの」を聞きました。1位は、「イヤホン/ヘッドホン」で73人でした。「椅子/座椅子」が67人、「パソコン」が53人と続きます。

 

「自宅に家族や同居人がいたり、周辺の音や声が気になったりして仕事に集中できない」そんな人たちに支持され、買ってよかったもの1位に輝いたのは「イヤホン/ヘッドホン」です。イヤホンやヘッドホンには、「周りの音を遮断して仕事に集中できる」「相手の声がクリアに聞こえる」といったメリットがあります。

 

特に人気なのは、外部の音を遮断できる、「ノイズキャンセリング機能」がついているものでした。かなり大きな音もシャットアウトできるため、自宅の周りが騒がしい人、小さなお子さんがいる家庭にもおすすめです。

 

イヤホンやヘッドホンは、パソコン搭載のスピーカーよりも相手の声がクリアに聞こえます。WEB会議が快適になったという人も多数いました。

 

2位は、「椅子/座椅子」でした。椅子を購入したことで姿勢が良くなったり、腰痛が軽減されたりして、長時間の作業も快適になったとの声が多数聞かれます。奮発して高額な椅子を購入した人もいましたが、値段に見合う満足感を得ている人が大多数です。きちんとした椅子に座ることで、気持ちを仕事モードに切り替える効果もあるようです。

 

3位は「パソコン」で、リモートワークを機にパソコンを買い替えた人も多くいました。古いパソコンにありがちな「起動や処理速度が遅い」「すぐにフリーズする」といったこともなくサクサク動くため、仕事がはかどるようになったとの声が多数です。

 

自宅にパソコンがなく、スマホやタブレットで調べ物やWEB会議への参加をしていた人も、パソコンのほうが使い勝手がいいと感じているようです。

TAG
    SHARE ON