話題
2021/1/15 6:15

市販チョコレートで重視するのは「味」「価格」−−「チョコレート」に関するインターネット調査

マイボイスコムは、「チョコレートに関するインターネット調査を実施しました。

 

週1回以上チョコレートを食べる人は5割強でした。また、約半数の人が、「ミルク・クリームチョコレート」「ビター・ブラックチョコレート」を好きなチョコレートに選んでいます。購入時に重視する点については「味」「価格」、チョコレートを毎日食べる人たちの間では「効能・効果」の比率が高い傾向にあります。

 

出典画像:プレスリリースより

チョコレートを週1回以上食べる人は5割強でした。女性40~50代では6割強に上ります。

 

出典画像:プレスリリースより

 

好きなチョコレートのタイプは、「ミルクチョコレート・クリームチョコレート」「ビターチョコレート・ブラックチョコレート」が、それぞれ5割前後となっています。「ナッツ入りチョコレート」が41.6%、「生チョコレート」が33.2%でした。

 

チョコレートを食べる場面について聞くと、「おやつ」が71.0%でトップでした。「甘いものが欲しくなった時」「ちょっと一息つきたい時」が、それぞれ4割前後。「仕事や勉強・家事の合間」が26.4%と続いています。

 

直近1年以内に食べた市販のチョコレートは、明治の「アーモンドチョコレート」「ミルクチョコレート」「マカダミアチョコレート」やロッテの「ガーナ」、森永製菓の「ダース」、不二家の「LOOK」が、それぞれ20%台で上位に入っています。また、明治の「チョコレート効果」は増加傾向にありました。

 

市販で最も好きなチョコを聞いたところ、明治の「アーモンドチョコレート」「ミルクチョコレート」「チョコレート効果」「マカダミアチョコレート」が6~9%でした。女性10~30代では、明治の「メルティーキッス」が最も多くなっています。

出典画像:プレスリリースより

 

市販チョコレートの購入時に重視するのは、「味」が76.9%でトップでした。「価格」が51.4%、「容量、サイズ」「メーカー」「食べなれている」がそれぞれ2割前後で続きます。チョコレートを毎日食べる人に聞くと、「効能・効果」「成分、添加物」「原材料」の比率が高くなっています。

 

チョコレートに関連することで当てはまるものを選んでもらったところ、トップは「おやつの一品として買い置きしている」で43.6%でした。「気分転換に欠かせない」「自分へのごほうびとして買うことがある」が、それぞれ2割強で続きます。毎日や2~3日に1回食べる人の間では、「おやつの一品として買い置きしている」「気分転換に欠かせない」が他の層より高くなっています。

TAG
SHARE ON