話題
2021/1/28 6:15

トイ・プードルが不動の人気−−人気犬種ランキング2021

ペット保険シェアNo.1のアニコム損害保険は、最新の「人気犬種ランキング2021」を発表しました。

 

小型犬が上位にランクインする中、不動の人気を誇る「トイ・プードル」が1位となっています。逆に、一緒に住んでみたい犬種は大型犬が多く、トップは人懐っこい性格の「ゴールデン・レトリーバー」でした。

 

「人気犬種ランキング」は、2008年から毎年発表しています。人気犬種それぞれに特化したフードやグッズなどが多く販売されています。

出典画像:プレスリリースより

 

12連覇達成のトイ・プードル

出典画像:プレスリリースより

人気の犬種ランキングでは、「トイ・プードル」が1位を獲得しました。この「トイ・プードル」に「チワワ」「MIX犬(10kg未満)」を加えた3種の人気が高く、このトップ3で全体における割合の約半数を占めます。

 

トップ10圏内を見ると、小型犬の人気がうかがえます。5位のポメラニアンと6位のミニチュア・ダックスフンド、8位のフレンチ・ブルドッグと9位ヨークシャー・テリアの間で、昨年調査から順位の入れ替わりがありました。11位以下のランキングには、大きな変動がありません。

 

出典画像:プレスリリースより

いつか一緒に暮らしてみたいと思っている犬種のランキングでは、トップ10のほとんどを大型犬が占めました。住宅事情により、大型犬との暮らしが、なかなか難しいことが関係しているかもしれません。

 

1位のゴールデン・レトリーバー

出典画像:プレスリリースより

1位の「ゴールデン・レトリーバー」と暮らしたい理由は、「温厚な性格と人懐っこさ」「賢くて存在感がある」「人懐っこくて優しい性格。ゴールドの毛並みが優雅」「優しい眼差しと優雅な毛並み」などでした。性質や見た目ともに、好感度が高いことがわかります。

 

2位のシベリアンハスキー

出典画像:プレスリリースより

2位の「シベリアンハスキー」は、その凛々しい見た目のほか、「マンガを読んで小さい時からあこがれている」などが理由でした。3位の「バーニーズ・マウンテン・ドッグ」は、もふもふの毛並みに魅力を感じている人が多いようです。

 

アンケート結果を見ると、「犬種、血統は関係ありません。保護犬など、自分が巡り合った犬を大切にします」という声もあります。近年では、純血種にこだわらず保護犬を迎える動きも広がってきました。犬種には、歴史に紐付くそれぞれの特性があります。それぞれの特性をきちんと理解し、最後まで面倒を見る覚悟をもったうえで、ライフスタイルに適した犬を迎えましょう。

TAG
SHARE ON