話題
2021/2/3 6:15

ステイホームに慣れ、 3人に1人以上がヒゲ剃りを忘れた−−「新生活様式とヒゲ剃り」に関する調査

小型家電ブランドのブラウンは、働く20~50代の男性500人を対象に、「新生活様式とヒゲ剃り」に関する調査を実施しました。

 

ステイホーム習慣のなかでヒゲ剃りの頻度は減っており、剃り忘れてしまう人は34.6%に上ります。4人に1人が、整えてないヒゲをマスクで隠した経験も。また、夕方になると、「ヒゲが伸びてきた」と感じる人は半数以上になります。外出先でヒゲを剃ろうとカミソリを購入するも、その半数が「剃刀負けをして血が出てしまう」悲劇に見舞われたことも明らかになりました。

 

出典画像:プレスリリースより

ステイホーム習慣のなかで、ヒゲ剃りの頻度に「変化があった」と回答したのは21.6%でした。普段のヒゲ剃りは「1日1回」が47.2%だったのに対し、ステイホーム習慣中は「2日に1回」「3日に1回」が約半数となりました。

 

ヒゲ剃りの頻度が普段より「減った」人は78.7%と、「増えた」人の17.6%を大きく上回っています。コロナ禍によるステイホームに慣れ、ヒゲを剃り忘れてしまった経験のある人は34.6%でした。ただ、忘れてしまうケースは、年代を重ねるごとに減少しています。ビジネスマンとしての経験を重ねると、ヒゲを剃ることが習慣になっていくのかもしれません。

 

出典画像:プレスリリースより

ステイホーム以外に、もうひとつ習慣となったのがマスク生活です。「整えてないヒゲ」を隠す意図でマスクをしたことがある男性は25.0%でした。特に、30代は32.0%と、他年代より多い結果となっています。

 

マスクでヒゲを隠したことがある人の約半数が、仕事時にマスクを外さざるを得ない状況になっています。整えていないヒゲが露わになる恥ずかしい経験も。「ヒゲの剃り残しがあると、マスクを着けて話しづらい」人も48.4%でした。マスク生活になっても、きちんと日々ケアしておいたほうが安心といえそうです。

 

出典画像:プレスリリースより

朝にヒゲを剃ったのに、夕方には「ヒゲが伸びてきた」と感じたことのある人は53.8%でした。「外出先でヒゲを剃りたいと思った」人は38.2%で、特に20代は50.4%となっています。

 

外出先でヒゲを剃りたいと思った人の40.3%は、カミソリなどを購入したことが判明しました。しかし、87%の人がヒゲを剃るのに失敗し、半数以上が剃刀負けをして血が出てしまうという悲劇も。急きょカミソリを購入して、外で剃ることは失敗につながりやすいようです。

TAG
SHARE ON