話題
2021/3/2 6:15

「コロナ不眠」にならない睡眠とは? −−「睡眠ランキング」全国トップ5

オーダーメイド枕の店「まくらぼ」を運営するFutontoは、無料の睡眠計測アプリ「睡眠ランキング」の結果から、「もっとも質の高い睡眠をとれたユーザー」を発表しました。

 

1位に輝いたのは、「東京」のユーザーとなっています。「茨城県」「千葉県」といった、他の関東ユーザーもランクイン。トップ5ユーザーの睡眠計測データには、共通する大きなポイントも見つかりました。

 

出典画像:プレスリリースより

Withコロナ時代における生活の変化などにより、「5人に1人が睡眠の質が悪化した」という調査結果もあるなど、世界的にも「コロナ不眠」が社会問題として注目を集めていました。日本でも医療従事者へのワクチン接種が開始されましたが、自粛生活はしばらく続く見込みです。日々のストレスケアや免疫力アップのためにも、健康な心身を整える「いい睡眠」が必要といえます。

 

緊急事態宣言でも快眠ライフを送ったのは東京都のユーザーで、全国ランキングで日本一を獲得しました。全国トップ5には、初登場となる茨城県や千葉県のユーザーがランクイン。関東ユーザーの、「睡眠の質の高さ」がうかがえます。

 

出典画像:プレスリリースより

トップ5ユーザーの平均睡眠時間は、「7時間7分」でした。日本人の平均睡眠時間が「7時間42分」であることを考えると、けっして長い睡眠時間を確保できているとは言えません。しかし、高い睡眠スコアをたたき出すのには、「質の高い睡眠」を保つ共通する睡眠習慣がありました。

 

ひと月を通して、毎日の起床時刻の差が1時間以内という「規則正しさ」です。就寝時刻が多少遅くなる日があっても、朝の目覚める時刻がほぼ一定であるために、体内時計(サーカディアンリズム)のリズムを崩すことなく、翌日の快眠につながっていると考えられます。

TAG
SHARE ON