話題
2021/3/8 6:15

認知率は8割弱−− 「eスポーツ」に関するインターネット調査

マイボイスコムは、「eスポーツに関するインターネット調査を実施しました。

 

eスポーツの認知率は8割弱でしたが、興味がある人は約7%にとどまっています。逆に、興味がない人は8割強に上りました。eスポーツに関してやってみたいことは、「試合をテレビ観戦」「インターネット等で情報収集」「試合を実況動画、ストリーミング配信で観戦」が、それぞれ3~5%となっています。

 

■eスポーツの認知

出典画像:プレスリリースより

eスポーツについて、「どのようなものか知っている」は35.3%で、「名前を聞いたことはあるが、どのようなものか知らない」は43.6%となっています。

 

直近1年間にeスポーツに関連して行ったことは、「テレビ・新聞・ネットなどでeスポーツに関することを見聞きした」が56.7%でした。「家族や友人・知人と話題にする」「eスポーツに関することをインターネット等で情報収集する」が、それぞれ3~4%です。

 

男性10~30代では「eスポーツに関することをインターネット等で情報収集する」、男性30代では「試合を、ネットの実況動画、ストリーミング配信で観戦する」の比率が高くなっています。

 

■eスポーツに対する興味度

出典画像:プレスリリースより

eスポーツに興味がある人は、「興味がある」「まあ興味がある」を合わせて約7%です。男性10~20代では3割弱でした。一方で、「興味がない」「あまり興味がない」を合わせ、興味がない人は8割強です。

 

eスポーツについてあてはまると思うことを選んでもらったところ、「ゲームは遊びのひとつであり、スポーツ競技とはとらえにくい」が24.9%でトップでした。「実際に身体を動かすことがメインではないので、スポーツ競技とはとらえにくい」が20.2%、「eスポーツという名前からは、ゲームの対戦競技をイメージしにくい」が16.9%と続きます。

 

男性10~20代では、「個人やチームで対戦するので、スポーツ競技である」「将棋やチェスのような、マインドスポーツである」の比率が高くなっています。

■eスポーツに関してやってみたいこと

出典画像:プレスリリースより

eスポーツに関してやってみたいことは、「試合を、テレビで観戦する」「eスポーツに関することをインターネット等で情報収集する」「試合を、ネットの実況動画、ストリーミング配信で観戦する」が、それぞれ3~5%でした。

 

男性10~30代では「eスポーツに関することをインターネット等で情報収集する」、男性30代では「試合を、ネットの実況動画、ストリーミング配信で観戦する」が他の層よりやや高くなっています。

 

eスポーツの普及を進めることに賛成と思う人は、「賛成」「どちらかといえば賛成」を合わせて約16%でした。男性10~20代で5割弱、eスポーツをどのようなものか知っている層では3割弱となっています。一方で、反対と思う人は、「反対」「どちらかといえば反対」を合わせて2割強でした。「どちらともいえない」が62.7%となっています。

TAG
SHARE ON