話題
2021/3/10 6:15

学生の視聴は、CDが音楽配信サービスを上回る−−「年代別 思い出の卒業ソングランキング」

楽天が運営するオンライン書店「楽天ブックス」は、3月の卒業シーズンに向け、10~50代のユーザーを対象とした「年代別 思い出の卒業ソングランキング」を発表しました。

 

「仰げば尊し」が全世代でトップ10入り。20代以下では、レミオロメンの「3月9日」が首位でした。学生が音楽を視聴する方法は、「CD購入」が「音楽配信サービス」を上回る結果となっています。

 

出典画像:プレスリリースより

 

思い出の卒業ソングを尋ねたところ、卒業式の定番合唱曲「仰げば尊し」が、全年代でトップ10にランクインしました。10代や20代では、平成の卒業ソングとして親しまれているレミオロメンの「3月9日」が首位に。10代から30代では、合唱曲「旅立ちの日に」がそれぞれトップ3にランクインしています。

出典画像:プレスリリースより

 

「卒業ソングに関連する思い出」を尋ねたところ、EXILEの「道」については、「クラスメイト全員でこっそり練習して、担任の先生にサプライズで歌った」(20代)、海援隊の「贈る言葉」については、「主題曲だったドラマ「3年B組金八先生」の放送当時、自分も中学3年生だった」(50代)、「今でも楽曲を耳にすると中学生時代にトリップしてしまう」(50代)など、各年代からエピソードが寄せられました。斉藤由貴の「卒業」については、「好きな男の子の第二ボタンをもらった」(40代)、ケツメイシの「さくら」については、「初めてできた彼氏がカラオケで歌ってくれた」(30代)など、学生時代の恋愛に関するエピソードも聞かれます。

 

出典画像:プレスリリースより

高校生以下を含めた現役の学生に対し、「音楽を聴くために利用している音楽商品・サービス」を質問したところ、「無料の動画サイト」が71.7%でトップとなっています。「CD購入」が53.1%で2位でした。「1年以内にお金を使った音楽商品・サービスは何ですか?」という質問については、「CD購入」が56.2%で最多となっています。音楽配信サービスが普及している昨今でも、多くの学生がCDを購入していることがわかりました。

TAG
SHARE ON