話題
2021/3/11 6:16

映画館で観る人と動画配信サービス利用の割合は、ほぼ同じ−−20~30代女性の映画視聴方法

ミュゼマーケティングは、20~30代の女性たちが「どのような方法で映画を観ることが多いのか」などを調査しました。

 

映画を観る頻度は「2~3か月に1回」がトップで、人気のジャンルは、「邦画」や「アニメ」となっています。映画館で観る人と動画配信サービスを利用する人の割合は、ほぼ同じでした。映画館の通常料金については、やや高いと感じている人が多いようです。

 

 

映画館や自宅での鑑賞を含め、映画を観る頻度を聞きました。1位は、「2~3か月に1回」となっています。2位は「ひと月に2~3回」、3位は「月に1回」でした。6割以上の人が、2~3か月に1回以上は映画を観ているようです。

 

ミュゼマーケティング調べ  出典画像:プレスリリースより

主にどの国の映画を観るかについては、「邦画」が59%でトップでした。「洋画」が36%、「韓流・アジア映画」が4%、「その他地域の映画」が1%と続きます。どのようなジャンルを観ているかについては、「アニメ」「ラブストーリー」「ディズニー」「SF、ファンタジー」「ジブリ」といった回答が多く聞かれました。

 

ミュゼマーケティング調べ  出典画像:プレスリリースより

​主にどのような手段で映画を観るかについては、1位が「映画館」で40%となっています。2位は「動画配信サービス」で38%、3位は「DVD、Blu-ray(レンタル・購入)」で9%でした。映画館と動画配信サービスを利用した鑑賞が、ほぼ並んでいます。

 

「動画配信サービス」「DVD、Blu-ray」「テレビの映画番組」「有料放送のテレビ」と回答した人に、主にどこで視聴するのかを聞いたところ、95%が「自宅」と回答しました。使用する映像配信サービスの1位は、「Amazon Prime Video」で54%となっています。2位は「Netflix」で24%、3位は「Hulu」で7%でした。

ミュゼマーケティング調べ  出典画像:プレスリリースより

映画館の多くは、通常料金が1900円前後となっています。金額についてどう思うかを聞くと、「やや高い」が55%、「高すぎる」が35%、「適正だと思う」が10%という結果に。どのくらいの値段が適正だと思うかを尋ねたところ、1位は「1001円〜1200円」、2位は「1201円〜1500円」、3位は「801円〜1000円」となりました。

 

現在のコロナ禍で、どのくらいの頻度で映画館へ行っているかを聞いたところ、1位は「半年に1回」で28%でした。2位は「2~3か月に1回」で23%、3位は「1年に1回」で19%と続いています。

 

ミュゼマーケティング調べ  出典画像:プレスリリースより

映画館での買い物についても聞きました。映画館で食べ物や飲み物を買うかについては、「ときどき買う」が44%、「買う」が37%、「買わない」が19%となっています。「買う」「ときどき買う」と答えた人に、よく買う飲食物を尋ねたところ、1位は「ポップコーン」で38%でした。2位が「ジュース」で37%、3位は「お茶・コーヒー」で12%となっています。

TAG
SHARE ON