話題
2021/4/7 6:15

新しい移動手段として利用したい人が86.7%、電動キックボードのアンケート結果を発表

Earth Shipの子会社KINTONE(キントーン)は、茨城県水戸市にある偕楽園来場者を対象に、「電動キックボードの活用可能性」についてアンケート調査を行いました。自転車程度の速度が出る電動キックボードは、手軽に効率よく移動することができ、「将来、電動キックボードを新しい移動手段として利用したい」人は86.7%という結果に。来園者の周遊促進や職員、私有地での移動手段として高い関心を得ていることがうかがえます。

 

出典元:KINTONE「電動キックボードの活用可能性

 

電動キックボードは来園者の周遊促進や、職員の移動手段確保を目的に調査を実施しました。主に自転車を使わず気軽に移動したいシーンでの活用に期待できそうです。

 

出典元:KINTONE「電動キックボードの活用可能性

 

操作性や乗り心地については、年代を問わず、ほぼすべての人が「とても簡単」と回答。「難しい」との答えもありましたが、問題なく利用できている割合が高い傾向にあります。

 

「どのような場所での活用が良いと思いますか」との質問では、「公園、レジャー施設、私有地など管理されたエリアでの移動手段やレジャー利用」が70%でトップに。「自転車と(専用レーン等)同じように走行できる移動手段」が60%、「工場や事業所などの広大な空間での移動手段」が20%、「バイクと同等に車道走行での移動手段」が10%となりました。

出典元:KINTONE「電動キックボードの活用可能性

 

また、「今後利用したいですか」と聞いたところ、「将来、電動キックボードを新しい移動手段として利用したい」との回答した人は86.7%と、需要が高い結果となりました。

TAG
SHARE ON