話題
2021/4/9 6:15

利用者はなんと9割!定番メニューが人気のキッチンカー需要に関するアンケート調査

キッチンカーの製造や販売、出店サポートの「MYキッチンカー」を運営する株式会社3Aは、「キッチンカーの需要調査」を実施。その結果、主要都市に限らず、あらゆる地域でキッチンカーの需要が高いことが分かりました。商業施設など、人が集まりやすい出店場所の販売メニューにはクレープやたこ焼きといった定番商品が多く見られます。親しみやすく抵抗感のないメニューや雰囲気が人々の心を掴むのかもしれません。

 

出典元:3A「キッチンカーの需要調査

 

まず、住んでいる地域にキッチンカーが「ある」と答えた人は、全体の95%に上りました。

 

出典元:3A「キッチンカーの需要調査

 

次に、「キッチンカーを利用したことがありますか?」と聞いたところ、「利用したことがある」人は91%でした。コロナ禍によって人々が三密を避けて生活するようになり、テイクアウト文化が一般化しつつあるのかもしれません。

 

出典元:3A「キッチンカーの需要調査

 

利用頻度で最も多かったのは、「半年に一回」で59%。「月に1回」の36%が続いています。キッチンカーを利用したことがある人が9割以上だったのを考えると、まだまだ利用頻度は少ないのかもしれません。

 

 

出典元:3A「キッチンカーの需要調査

 

出店場所については、商業施設が31%で最も多く、イベントが24%。住宅街やゲームセンターなどは、10%以下という結果になりました。スーパーなどの空きスペースや、イベントでキッチンカーを目にすることは少なくありませんが、地域によって、住宅街に出店できるスペースがないことが調査結果に反映されたのでしょう。

 

出典元:3A「キッチンカーの需要調査

 

どのようなメニューを販売しているのかを聞くと、出店の定番メニューが多いことが分かりました。さっと食べられる、スイーツを含めた軽食系も多く見られます。親しみやすいメニューだからこそ購入のハードルも低く、手に取りやすいのかもしれません。

 

出典元:3A「キッチンカーの需要調査

 

消費者がキッチンカーに求める条件を聞いてみると、「美味しさ」(29%)、「価格の安さ」(18%)、この2つの回答で全体のほぼ半数を占めています。料理の大前提は「味が美味しい」こと、そして手に入れやすい価格帯であることがポイントのようです。

 

さらに、「衛生面への配慮がある」が13%、「流行のメニューがある」が12%、「並ばない」「おしゃれ」が、それぞれ11%となっています。少数派ではありますが、「その他」と答えた人の中には「販売スタッフの雰囲気で購入したくなる」といった意見もありました。「人気店だから」という曖昧な理由では評価されず、「そのお店に価値があれば買いたい」消費者が多いようです。

TAG
SHARE ON