話題
2021/4/14 6:15

1番利用されているサイトは?巣篭もり需要で急増のネットショッピング

株式会社GVが運営するクレジットカードなどお金に関する情報メディア「まねーぶ」は、「ネットショッピング利用調査」を実施しました。利用しているネットショッピングサイトの1位は、「Amazon」。ネットショッピングサイトを選ぶ理由は「品揃えが良い」、利用頻度は「1カ月に1回」がそれぞれトップとなっています。平均利用額は「5,000円以上10,000未満」が最も多く、支払方法は「クレジットカード」が多くを占めました。

出典元:GV「ネットショッピング利用調査

 

全国20代~60代のネットショッピング利用者300人に調査したところ、利用しているネットショッピングサイトの1位は「Amazon」で235人。2位は「楽天市場」で227人、3位は「Yahoo!ショッピング」で117人となりました。

 

何を購入しているかについては、1位が「日用品、雑貨」で203人。2位が「衣類・服飾雑貨」で195人、3位に「趣味用品」の189人が続きました。

出典元:GV「ネットショッピング利用調査

 

ネットショッピングを選ぶ理由について、1位は「品揃えが良い」で233人。2位が「価格が安い」で198人、3位が「配送料が無料」で167人となりました。また、どのサイトで欲しい商品を購入するか決め手を聞いたところ、商品価格や配送料の価格面が多いのはもちろん、ポイント還元率を重視する声も目立ちました。

出典元:GV「ネットショッピング利用調査

 

ネットショッピングの利用頻度について、多かったのが「1ヶ月に1回」で34.0%。続いて、「2周間に1回」が23.7%、「数ヶ月に1回」が22.0%となっています。

 

毎月の平均利用金額については、「5,000円以上10,000円未満」が38.7%という結果に。「5,000円未満」が38.3%、「10,000円以上30,000円未満」が18.7%と、合わせて95.7%の人が30,000円以下ということが分かりました。

 

ネットショッピングでの支払方法については、「クレジットカード」が259人と、2位以下(「コンビニ払い」41人、「電子マネー」28人)を大きく引き離しています。

出典元:GV「ネットショッピング利用調査

 

買い物全体に対するネットショッピングの割合については、2020年が38.1%と対前年比で7.7ポイント増加していることが分かります。人との接触を減らすことを意識し、近所のスーパーで購入していた食料品や日用品をネットで購入するようになった影響もあるのでしょう。おうち時間の増加により、自宅で楽しめる本やゲームなどの趣味用品や掃除用品を購入する人も増えているようです。

TAG
SHARE ON