話題
2021/4/20 6:15

外出自粛中にフリマアプリで片付けをした人は76%、 フリマアプリユーザーの9割以上が「ポイ活」

楽天グループが運営するフリマアプリ「ラクマ」は、フリマアプリの利用経験がある20~40代の女性600人を対象に、「コロナ禍におけるお片付けとフリマアプリ活用に関するアンケート調査」を実施しました。外出自粛中に不用品の処分や家の掃除をする頻度が増えた人は、3人に2人以上となっています。フリマアプリを活用する理由のトップは、「片付けるため」で76.5%でした。フリマアプリユーザーの9割以上が普段の生活の中で「ポイ活」(ポイントを貯めること)を意識しており、最も貯めたポイントは「楽天ポイント」となっています。

出典元:楽天グループのラクマ「コロナ禍におけるお片付けとフリマアプリ活用に関するアンケート調査

 

出典元:楽天グループのラクマ「コロナ禍におけるお片付けとフリマアプリ活用に関するアンケート調査

 

コロナ禍で外出自粛になってからの、不用品の処分や家の掃除をする頻度について聞きました。3人に2人以上が「増えた」と回答しています。特に、処分したいものが溜まっている場所は、「クローゼット」が61.5%、「本棚・収納棚」が33.5%でした。

出典元:楽天グループのラクマ「コロナ禍におけるお片付けとフリマアプリ活用に関するアンケート調査

 

出典元:楽天グループのラクマ「コロナ禍におけるお片付けとフリマアプリ活用に関するアンケート調査

 

外出自粛中にフリマアプリを「売るために使う」頻度を聞いたところ、65.4%の人が「増えた」と回答しました。使用する理由としては、 「片付けるため」が76.5%、「収入を得るため」が58.3%、「捨てるのがもったいないから」が54.5%となっています。自粛生活が長引いたことで時間ができ、片付けの際に「不用品をただ捨ててしまうのではなく、フリマアプリなどを活用してよりお得に片付けたい」という意識が高まったことがうかがえます。

出典元:楽天グループのラクマ「コロナ禍におけるお片付けとフリマアプリ活用に関するアンケート調査

 

出典元:楽天グループのラクマ「コロナ禍におけるお片付けとフリマアプリ活用に関するアンケート調査

 

普段の生活の中で「ポイ活(ポイントを貯めること)」を意識しているか聞いたところ、9割以上が意識していることが明らかになりました。これまでに最も貯めた電子マネー/ポイントのサービスは、「楽天ポイント」が1位で、20〜40代における各年代の半数以上が、「楽天ポイント」を貯めたと回答しました。

出典元:楽天グループのラクマ「コロナ禍におけるお片付けとフリマアプリ活用に関するアンケート調査

 

出典元:楽天グループのラクマ「コロナ禍におけるお片付けとフリマアプリ活用に関するアンケート調査

 

フリマアプリの売上金について聞いたところ、「現金化せずにキャッシュレス活用する」が56.2%で最多でした。フリマアプリを活用するメリットとして、楽天「ラクマ」のユーザーは他のフリマアプリのユーザーよりも、「ポイントや電子マネーが貯まる」ことを挙げています。

出典元:楽天グループのラクマ「コロナ禍におけるお片付けとフリマアプリ活用に関するアンケート調査

 

フリマアプリで出品し片付けをしたいアイテムを聞いたところ、1位は 「衣類」で65.7%でした。2位は「書籍・コミック・雑誌」で51.8%、3位は「ファッション小物」で43.7%となっています。比較的軽量で送料が安いものが上位を占めました。

TAG
SHARE ON