話題
2021/4/28 6:00

興味を持ち始めたのは「10代」が最多——輸入車に興味を持ち始めたきっかけを調査

日本最大級の輸入車買い取りサービス「外車王」を運営するカレント自動車は、輸入車に興味のある111人を対象に、「輸入車に興味を持ち始めたきっかけとその理由」についてアンケートを実施しました。

 

輸入車に興味を持ち始めたのは「10代」が最も多く、3割強を占めました。「見た目のかっこよさ」をきっかけに、輸⼊⾞の魅力を知ったようです。新型コロナウイルス感染症の影響が続く中、改めて車を所有する価値が見直されており、輸入車への注目度も高まっています。

 

Q1:輸入車に興味を持ち始めたのはいつ頃ですか?

 

出典元:カレント自動車「輸入車に興味を持ち始めたきっかけとその理由

輸入車に興味を持ち始めた時期で、回答が最も多かったのは、「10代」で35.1%でした。2位が「20代」、3位が「0〜9歳」となっています。30代に入る前が全体の9割以上で、40代以上のユーザーはわずか1.8%にとどまりました。

 

輸入車好きの多くは幼少期から学生時代に影響を受け、20代になってからも輸入車の魅⼒に気づくことがあるようです。大人になって自ら運転することで、輸入車の魅力を知るケースも多いためとみられます。

 

Q2:輸入車に興味を持ち始めたきっかけはなんですか?

出典元:カレント自動車「輸入車に興味を持ち始めたきっかけとその理由

輸入車に興味を持ち始めた理由では、「テレビや雑誌で見てかっこいいと思ったから」が最も多く、36.7%を占めました。続いて、「両親や友達の影響」が23.9%で2位、「車のおもちゃが好きだった」が8.3%で3位となっています。興味を持つきっかけとしては、「見た目のかっこよさ」など視覚的な理由が読み取れます。その他、「ゲームや映画の影響を受けた」など、テレビや雑誌以外から興味を持ち始める人や、「仕事で利用し興味を持った」人もいました。

 

Q3:初めて輸入車を購入したのは何歳の時ですか?

出典元:カレント自動車「輸入車に興味を持ち始めたきっかけとその理由

初めて輸入車を購入した年齢については、「20代」の41.4%が最も多い結果になりました。続いて、「30代」の12.6%、「10代」の9.0%となっています。幼少期や学生時代に輸入車への憧れを持った多くのユーザーは、20代のうちに購入していることが分かりました。

 

一方で、「購入経験なし」が33.3%と、興味はあるものの購入まで至っていないユーザーが多くいることもわかりました。お⾦がかかる、すぐ壊れてしまうのではないかなど、輸入車に対するマイナスの先⼊観が先⾏している可能性も考えられます。輸入車が乗りやすい車であることを、ユーザーにより知ってもらうことが課題といえそうです。

TAG
SHARE ON