話題
2021/6/3 6:15

注文住宅を検討する理由は「家賃を払い続けるのがもったいない」という回答が多数

NTTデータ・スマートソーシングは、「注文住宅を検討する年齢や理由等のユーザー動向」を調査しました。注文住宅を検討している人に住み替える理由を尋ねると、「家賃を払い続けるのがもったいない」と回答した人が最も多い結果となりました。特に、20~30代に多く見られます。月々の家賃が15万円未満の人であれば、注文住宅を建てた場合の返済額は、現在の家賃より高い金額を想定していることが分かりました。

 

出典元:NTTデータ・スマートソーシングは、「注文住宅を検討する年齢や理由等のユーザー動向」を調査

 

注文住宅を検討している人に、住み替えをする理由を聞きました。最も多いのは、「家賃を払い続けるのがもったいない」の30.9%となっています。

 

出典元:NTTデータ・スマートソーシングは、「注文住宅を検討する年齢や理由等のユーザー動向」を調査

 

「家賃を払い続けるのがもったいない」と回答したのは、注文住宅を検討するボリュームゾーンである20~30代の約半数でした。こうした若い年代では、「定年退職までに住宅ローンを払い終えたい」といった、住宅ローンの完済時期を意識した相談が多く見られます。

 

出典元:NTTデータ・スマートソーシングは、「注文住宅を検討する年齢や理由等のユーザー動向」を調査

 

月々の家賃が15万円未満の人であれば、返済希望額は現在の家賃より高い傾向がうかがえます。逆に、15万円以上の人は返済希望額を抑えたい意向のようです。「家賃を払い続けるのがもったいない」と回答した人たちの多くは、資産となる注文住宅であれば現在の家賃よりも高い返済金額を受け入れられると考えています。

TAG
SHARE ON