話題
2021/6/16 6:30

公共料金支払いに利用しているクレジットカードランキング、「楽天カード」が堂々の1位に輝く

GVが運営するクレジットカードなどのお金に関する情報メディア「まねーぶ」は、全国20~60代の既婚主婦300人を対象に、「公共料金の支払時に使用するクレジットカード」の意識調査を実施しました。水道や電気、ガス代のすべてをクレジットカード払いにする割合は35.7%となっています。毎月の支払額は、「10,000円以上15,000円未満」が最多でした。公共料金の支払いに利用しているクレジットカードでは、「楽天カード」が堂々の1位に輝いています。家計を考える上で、「ポイント還元率の良さ」は欠かせない要素の一つであることが分かりました。

 

家計を見直す際に、多くの人がはじめに目をつけるのが「固定費」です。4人家族における水道高熱費の全国平均は約2万2000円で、通信費は約2万円と、かなりの金額になっています。どの家庭でも支払う水道光熱費をクレジットカード払いにすることでポイント還元を受けるなど、お得につながる工夫を凝らす主婦も多いのではないでしょうか。

 

出典元:GV「公共料金の支払時に使用するクレジットカード」の意識調査

 

クレジットカードで支払っている公共料金の種類では、「水道代と電気代とガス代」が35.7%と、最も多い結果となりました。「電気代のみ」が24.0%、「電気代とガス代」が23.7%と続いています。

 

毎月クレジットカードで支払っている公共料金の額で最も多いのは、「10,000円以上15,000円未満」でした。続いて、「5,000円以上10,000円未満」が27.7%、「15,000円以上20,000円未満」が18.7%となっています。

 

出典元:GV「公共料金の支払時に使用するクレジットカード」の意識調査

 

利用しているクレジットカードの1位は「楽天カード」の102人と、「イオンカード」や「JCBカード」の28人を約3倍上回りました。公共料金は毎月必ず支払うため、主婦は少しでも節約し、お得にしたいと考えます。入会費、年会費ともに無料で、ポイント還元率が良い「楽天カード」が人気を集めるのは納得と言えるでしょう。

 

出典元:GV「公共料金の支払時に使用するクレジットカード」の意識調査

 

公共料金の支払用にクレジットカードを選ぶ理由は、「ポイント還元率が良い」が183人でトップとなっています。2位の「年間費が無料」の109人、3位の「入会費が無料」の84人を大きく引き離しました。主婦が家計を考える上で、「ポイント還元率の良さ」は欠かせない要素の一つと言えます。

 

出典元:GV「公共料金の支払時に使用するクレジットカード」の意識調査

 

メインのクレジットカードと公共料金の支払用クレジットカードを使い分けているかについては、およそ5人に1人が「分けている」と答えました。明細が別になるため、使った額が分かりやすいとの声が多く目立ちます。逆に、クレジットカードを一つにまとめることでポイントが溜まりやすいとの声も多く聞かれました。

TAG
SHARE ON