話題
2021/6/19 6:30

エコだと思うカーブランドは、「トヨタ」がトップ、次世代自動車の購入検討は7割

スパコロは、全国20~60代の2,255人を対象に「次世代自動車についての調査」を実施しました。エコだと思うカーブランドの1位は「トヨタ」でした。次世代車の認知や利用した経験、現在利用しているなど、すべての項目でトップに輝いています。国産ブランドが上位を占める中で、世界の電気自動車(EV)販売台数でトップの「テスラ」が4位に入りました。環境にやさしい車を買いたいと考えている人は7割を超えています。

 


出典元:スパコロ「次世代自動車についての調査

 

エコだと思うカーブランドランキングのトップは、「トヨタ」で46.8%でした。2位は「日産」で31.5%、3位は「ホンダ」で18.9%と続いています。10位内に国産ブランドがひしめく中、4位に「テスラ」がランクインしました。

 

出典元:スパコロ「次世代自動車についての調査

 

価格を気にせずに新しい車の購入や買い替えをする場合、「環境にやさしい車(次世代自動車)とガソリン車のどちらを買いたいですか」という質問に対して、「環境にやさしい車」と回答した合計は74.7%で、「ガソリン車」は 25.3%となっています。4人に3人は「環境にやさしい車」を買いたいと考えているようです。

 

出典元:スパコロ「次世代自動車についての調査

 

車の購入や買い替えをする際に重視する点をドライバー1,653人に聞いたところ、「車両価格」が52.9%、「燃費」が48.8%、「維持費」が41.1%、「安全性能」が34.5%と並びました。上位3項目を見ると、最も気になるのは費用であることが明らかです。

 

一方で、SDGs目標の「エネルギーをみんなに。そしてクリーンに」の実行を意識する人は、「燃費」「安全性能」「車種・タイプ」「動力源・環境性能」「先進技術」の重視度が相対的に高い傾向にありました。環境への意識だけではなく「安全性能」や「先進技術」といった、近年のカートレンドにも敏感であることがうかがえます。

 

出典元:スパコロ「次世代自動車についての調査

 

次世代車の認知や利用状況を見ると、「トヨタ」の認知は51.6%で、購入を検討しているのは17.3%、購入経験者は10.1%、現在利用しているのは8.2%でした。「日産」の認知は40.5%、購入を検討しているのは7.9%、購入経験者は3.4%、現在利用しているのは2.5%となっています。「ホンダ」の認知は28.4%、購入を検討しているのは5.8%、購入経験者は3.0%、現在利用しているのは2.7%でした。4項目全ての数字で「トヨタ」が1位となっています。

 

出典元:スパコロ「次世代自動車についての調査

 

トヨタ車のドライバー477人に次世代自動車に乗り換える際のブランドについて聞いたところ、67.5%が「トヨタ」車に乗り続けると回答しました。トヨタ車以外のブランドでは、トップが「日産」で21.3%、2位が「ホンダ」で11.6%、3位が「レクサス」で6.5%となっています。

 

出典元:スパコロ「次世代自動車についての調査

 

近い将来、アップルやグーグル、ソニーが自動車産業に参入すると言われています。そこで新規参入したら乗りたいブランドを調査したところ、「アップル」が15.5%でトップでした。「ソニー」が13.9%、「パナソニック」が10.3%、「グーグル」が8.4%、「シャープ」が4.1%と続いています。

TAG
SHARE ON