乗り物
2017/1/20 10:52

高水準の安全技術や“つながる機能”を搭載! ミッドサイズSUV、VW新型「ティグアン」発売開始

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、フルモデルチェンジを受けた新型「ティグアン」を1月17日より発売した。モデルラインナップおよび税込車両価格は以下の通り。

 

ティグアンTSIコンフォートライン:360万円
ティグアンTSIハイライン:433万2000円
ティグアンTSI Rライン:463万2000円

 

ロー&ワイドなプロポーションに

VWの新世代プラットフォーム「MQB」をSUVに初めて採用した新型ティグアンのボディサイズは、全長4500×全幅1840〜1860×全高1675mm。従来型と比べて70mm長く、30〜50mm幅広く、35mm低くなった。ホイールベースは70mm延長された2675mmである。

20170119_sugitani_LB02

ロー&ワイドなプロポーションとなったことにより、よりスタイリッシュでスポーティなデザインとなったボディは、同時にサイズが拡大したことにより従来型より室内長で26mm、後席ニールームで29mmのゆとりが生まれた。ラゲッジルーム容量は145リッター拡大した615リッターが確保され、4:2:4分割可倒式リアシートのアレンジで、最大1655リッターに広がる。

 

パワートレインは全グレード共通で、150ps/250Nmを発揮する1.4リッター直4ターボに6速DCTを組み合わせ、前輪を駆動する。エンジンには気筒休止システム「ACT」やアイドリングストップ機構が備わるほか、ブレーキエネルギー回生システムを組み合わせることで、快適かつ爽快なドライビングパフォーマンスを発揮するとともに、16.3km/Lの燃費(JC08モード)を実現している。タイヤサイズはTSIコンフォートラインが215/65R17、TSIハイラインが235/55R18、TSI Rラインが255/45R19となる。

 

新型ティグアンでは、VW純正インフォテインメントシステム「ディスカバー・プロ(ハイライン以上に標準装備)」や「コンポジション・メディア(コンフォートラインに標準装備)」を通じ、VWのモバイルオンラインサービスである「フォルクスワーゲン Car-Net」が利用できる。さらにハイライン以上のグレードでは、スマートフォンをUSB接続することでナビゲーションの検索性能や案内精度、快適性を大幅に高めるテレマティクス機能「App-Connect」が利用できるのだ。

 

一方、VWの総合安全コンセプト「フォルクスワーゲン オールイン・セーフティ」に基づいたトップクラスの安全・先進装備を多数採用するのも新型ティグアンの特徴だ。全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールや駐車支援システム「パーク・アシスト」などに加え、アクティブボンネットや2次被害を防止する「ポストコリジョンブレーキシステム」も標準装備している。

 

ボディカラーは新色のナッツシェルブラウンメタリックに加え、カリビアンブルーメタリック、ピュアホワイト、ディープブラックパールエフェクト、タングステンシルバーメタリック、オリックスホワイトマザーオブパール(6万4800円高の有償)の全6色をラインナップしている。

 

インテリアはブラックカラーで統一され、エクステリア同様にスポーティかつ上質さが引き立つようにコーディネートされた。ハイラインでは、上質なレザーシート(ブラックまたはサフラノオレンジ)をオプション設定する。助手席はシートバックをフラットに折りたたむことができ、長尺物も積み込める。またラゲッジルームへのアクセス性が高まり、ハイライン以上のグレードには、リアバンパー下で足を動かすと自動でテールゲートの開閉ができる「パワーテールゲート」もオプションで選択できる。