乗り物
2017/2/2 6:00

全性能がウルトラ級! 4つの最新テクノロジーを採用するコンチネンタルタイヤ「UltraContact UC6」

コンチネンタルタイヤ・ジャパンは、アジア太平洋地域専用に開発された新しい製品ライン「UltraContact UT6(ウルトラ・コンタクト・ユーシー・シックス)」を2月15日より発売すると発表した。発売サイズは32種類で、すべてオープンプライス。コンパクトカーからラグジュアリーカー、そしてミニバンまで幅広い車種に適合する。

 

コンパクトカーからミニバンまで対応

ウルトラ・コンタクトUT6は、4つの最新テクノロジーを採用することにより、あらゆるドライブシーンにおいてストレスの感じない快適性と走行性の両立を実現している。順に見ていこう。

 

「ウォータースライダーシステム」は、雨どいの原理を応用して開発したもので、アクアチャネルとアクアドレナージという2構造のコンビネーションによって排水性が強化され、ウェット路面での高い安全性を実現している。

20170201_sugitani_LB12

 

ブレーキ時における接地面積の最大化を図るために採用したのが「ダイヤモンドエッジパターン」。ブレーキ時にブロックエッジへ圧力が集中することにより、ブロックが変形して起こる巻き込みを、パターンの角を落とした形状のダイヤモンドエッジが抑制。これにより、接地面積を最大化し、路面を確実にグリップする。ウェットブレーキ時には、ショルダー部分に配置されたダイヤモンドエッジが障壁となり、パターンブロック下への水膜の侵入を抑制し、ウインドーのワイパーのように掃いてサイドウォール方向へと排水する。乾いた路面を確保するこの効果により、ドライ路面はもちろん、ウェット路面での制動距離を大幅に短縮する。

 

20170201_sugitani_LB13

 

走行状態に合わせてコンパウンドを自己調整する「セルフアダプティブコンパウンド」の採用も特徴的だ。ブレーキ性能やハンドリング性能を向上させる「グリップポリマー」と、摩擦を抑制する「マイレージポリマー」という2種類のオーダーメイド・ポリマーをベストバランスで配合。これらのポリマーが走行状況に応じてコンパウンドを自己調整することにより、優れたグリップ力と高い耐摩耗性による長寿命化を両立している。

 

さらに、ノイズを軽減する「ノイズブレーカー」の採用も見逃せない。走行中に空気がタイヤの縦溝を勢いよく吹き抜けることによって不快な騒音、いわゆる気柱共鳴音が発生する。ノイズブレーカーは、このノイズを抑制、軽減して静粛性を高めている。

20170201_sugitani_LB14

 

20170201_sugitani_LB15

 

 

TAG
SHARE ON