乗り物
2017/2/7 6:00

スバルのフラッグシップセダン「レガシィ」がマイナーチェンジ! 内外装をリフレッシュして新登場

富士重工業(スバル)は、米国シカゴで2月9日から開催予定の「シカゴオートショー2017」に、2018年型「レガシィ(米国仕様車)」を出展すると発表した。

 

フロントマスクがより立体的に

レガシィは独自の4WDシステムや「アイサイト」による高度な安全性で、走りの愉しさと安心感を追求したスバルのフラッグシップセダン。ステーションワゴンの「アウトバック」とともに、北米マーケットにおけるスバルの主力車種になっている。今回の改良では、走行性能・安全性能といったスバル車ならではの価値を更に進化させている。

?????????????????????????????????????????????????????????

エクステリアは、スバルのアイデンティティを従来以上に強調した新造形のヘッドライトとフロントグリル、抑揚のあるバンパーの採用により、フロントフェイスを刷新。水平基調を際立たせた精悍なデザインとし、リアバンパーはツートン化、さらにディフューザーを組み込むことでスポーティさをさらに強調するデザインとしている。また、新造形のLEDターンシグナル付きドアミラーを採用して空力や静粛性、他車からの視認性を高めている。

 

一方、インテリアはセンターベントグリルやエアコンユニットと一体的にデザインされたフラットな大型センターパネルを採用し、ディスプレイを8インチ化。また、立体的でスポーティなデザインの新型ステアリングホイールの採用や、フロントドアガラスに遮音中間膜ガラスを採用して遮音性能を向上させるなど、質感と機能性を高めている。

200170206_sugitani_LB02

走行性能では、サスペンション設定と電動パワーステアリングの制御を最適化。操縦安定性と乗り心地を向上し、またエンジンやCVTの特性を変更することで、メリハリのある気持ちのよい加速感を実現した。

 

また、ステアリング連動ヘッドランプの採用により、安全性能も進化。走行性能・安全性能を高次元で融合させ、レガシィ独自の価値を向上させている。

 

2018年型 スバルレガシィ米国仕様
全長/全幅/全高:4802/1840/1500mm
ホイールベース:2650mm
エンジン:水平対向4気筒 2493cc
最高出力:177ps/5800rpm
最大トルク:233Nm/4000rpm
水平対向6気筒: 3630cc
最高出力:260ps/6000rpm
最大トルク:335Nm/4400rpm

 

 

TAG
SHARE ON