乗り物
クルマ
2017/3/15 21:00

同一モデルにこの3種類は世界初! 燃料電池車「ホンダ・クラリティ」にPHVとEVが追加へ

ホンダの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、4月12日から開催されるニューヨークオートショー2017において、「クラリティ・プラグインハイブリッド」と「クラリティ・エレクトリック」を世界初公開すると発表した。

20170315_sugitani_LB01

 

同一モデルにFCV、PHV、EVは世界初

20170315_sugitani_LB02

クラリティ・プラグインハイブリッドとクラリティ・エレクトリックは、すでに発表されている燃料電池自動車(FCV)、「クラリティ・フューエルセル」と共通のプラットフォームを使用するプラグインハイブリッド車(PHEV)と電気自動車(EV)であり、2017年に米国での発売を予定している。

 

なお、同一プラットフォームにFCV、PHEV、EVという3種類の電動パワートレインを取り揃えるのは世界で初めて。5人乗りの広い室内空間を誇るミドルサイズクラスセダンに、さらなる価値を提供することになる。

 

ホンダは2030年に向けて「四輪商品ラインナップにおける販売数の3分の2をハイブリッドやPHEV、EV、FCVに置き換える」という目標を掲げている。今回発表された戦略は、この目標の達成に向けた大きな一歩といえそうだ。

 

なお、ニューヨークショー2017のホンダブースでは、3月のジュネーブショーにおいて世界初公開された新型「シビック・タイプR」の量産モデル、1月のデトロイトショーで公開された北米向けミニバン、新型「オデッセイ」なども展示される予定だ。

 

 

TAG
SHARE ON