乗り物
2017/3/29 6:00

強みはHVと日本的“おもてなし”!? レクサスがインドへの進出を発表!

レクサス・インターナショナルは、ラグジュアリーカー市場が近年急速に拡大しているインド市場に参入。3月24日より専売店4拠点とアフターサービス施設4拠点を開設したことを発表した。

0328_LB41

 

 

ニューデリーなどに4拠点を開設

当面導入する車種は、「RX450h」と「ES300h」、「LX450d」の3車種。匠の技による高品質な作り込みや個性的なデザインとともに、優れた環境性能と高いパフォーマンスを兼ね備えるハイブリッドモデルを中心に導入する。日本ブランドならではの“おもてなし”を提供することで、インドのカスタマーの期待に応えていくとのこと。さらに2018年にはフラッグシップサルーンの「LS」を発売する見通しだ。

 

0328_LB42

 

レクサス・インターナショナルの澤良宏エグゼクティブバイスプレジデントは、次のようにコメントしている。

 

「初代LSは高級車の新たな基準として、ラグジュアリーの概念を再定義するモデルとなるべく生まれました。この思いは、現在のレクサスブランドやモデルラインナップに継承されています。環境に配慮し、優れたパフォーマンスを求めるインドのお客様に、想像を超える驚きと感動を提供できるよう、努力してまいります」。

 

専売店は、ニューデリー、グルガオン、ムンバイ、ベンガルールの4都市に開設。また、チャンディーガル、ハイデラバード、チェンナイ、コーチには、アフターサービス用の専門施設を設置する。専任のセールスマネージャーが販売を担当するとともに、24時間365日対応のカスタマーコールセンターを設け、カスタマーに質の高いサービスを提供していく。

 

 

TAG
SHARE ON