乗り物
2017/4/11 21:16

圧倒的速さ……! レクサス新型「LC500」がスーパーGTでトップ6を独占!

SUPER GTの2017年シーズン開幕戦が岡山県美作市にある岡山国際サーキットで行われ、平川亮/ニック・キャシディ組の「KeePer TOM’S LC500 37号車」がニューマシンへと変貌したレクサスLC500で堂々のデビュー戦勝利を勝ち取った。

20170411_LB_01

 

 

波乱の展開を完璧に制す

同車は2位から6位までも占め、上位6位という圧倒的な速さを見せつけ開幕戦を制した。

 

20170411_LB_02

 

日本国内のレースも本格シーズンがスタート。その中で最も人気が高いと言われるSUPER GT開幕戦で、レクサス新型LC500が実に華々しい結果を収めた。

 

4月8日に行われた予選では、練習走行ではウェットであった路面も予選では完全なドライとなりスタート。途中、永井宏明選手の30号車がスピンし、赤旗中断というトラブルも発生した。翌日の決勝は好天に恵まれたが、フォーメーションラップでポールポジションの「NSX-GT 8号車」がいきなりのスローダウン。開始早々、赤旗が出され、セーフティカー先導でのスタートという、波乱の開幕となった。しかし、ポールポジションの車両が脱落したことでレクサス勢は優位に。6号車、37号車、38号車、19号車がトップ4を占めてスタート。途中、激しいバトルを繰り広げるなど見所も多かったが、最終的にLC500が表彰台を独占するなど、レースは最後までドラマチックな展開となった。

 

20170411_LB_03

 

今後サーキットの「顔」になりそうなレクサス新型LC500は、新たなレギュレーションの採用により、昨年、参戦最後の年に念願のタイトルを獲得した「RC F」に代わって登場。エンジンは開発までに3年を要したという2.0リッター直列4気筒ターボの「RI4AG」を搭載。曲線美が美しいエクステリアを含め、そのサーキットを疾走する姿で観客を大いに楽しませてくれることだろう。

 

 

TAG
SHARE ON