乗り物
2017/5/27 8:00

「世界基準」がさらなる高みに――フォルクスワーゲン・新型ゴルフが上陸!

5月25日、フォルクスワーゲン グループ ジャパンはフェイスリフトを受けた新型「ゴルフ」、「ゴルフ ヴァリアント」、「ゴルフ オールトラック」を5月29日に発売すると発表した。モデルラインナップおよび税込車両価格は以下のとおり。

0526-yamauchi-01

「ゴルフ」
・TSIトレンドライン:249万9000円
・TSIコンフォートライン:279万9000円
・TSIハイライン:325万9000円
・GTI:389万9000円(6MT)/399万9000円(6DSG)
・R:549万9000円(6MT)/559万9000円(7DSG)

 

「ゴルフ ヴァリアント」
・TSIコンフォートライン:293万9000円
・TSIハイライン:339万9000円
・TSI Rライン:359万9000円
・R:569万9000円

 

「ゴルフ オールトラック」
・TSI 4モーション:359万9000円

 

つながる機能と運転支援システムが向上

新型ゴルフ・シリーズには、新しい12.3インチディスプレイのデジタルメーター「アクティブ インフォ ディスプレイ」を採用。ドライバーの好みに応じて数種類のモードから表示モードが選択できる。ナビゲーションモードでは、VW純正インフォテイメントシステム「ディスカバープロ」と連動し、マップを大きく表示する。センターパネルに配置されるディスカバープロのディスオプレイは、従来の8インチから9.2インチに拡大されたほか、タッチスクリーンに変更され、さらに使い勝手を高めている。また、同乗者がラジオや各メディアの操作、ナビの目的地検索ができるスマートフォン向けアプリケーション「フォルクスワーゲン メディア コントロール」が配信され、各種オンラインサービスの「フォルクスワーゲン Car-Net」と相まって、インフォテイメントシステムとスマートフォンとの連携が一層高まっている。

0526-yamauchi-02

先進運転システムでは、レーンキープアシストのレーンアシストとアダプティブクルーズコントロールACCをベースにした渋滞時追従支援システム「トラフィックアシスト」を一部グレードに設定している。また、全車に標準装備されたプリクラッシュブレーキシステム「フロントアシスト」には、新たに歩行者検知機能が追加された。

 

エクステリアは前後バンパーのデザインを刷新し、フェンダーの奥まで切れ込んだ新形状のヘッドライトを組み合わせ、スポーティでシャープな印象を与えている。新たに採用したLEDヘッドライトは、自然光に近い光を放つのが特徴。リアコンビランプには全車LEDテールランプを採用。一部モデルにはウインカーが流れるように光るダイナミックインジケーターを組み合わせる。

 

ハイパフォーマンスモデルの「ゴルフGTI」や「ゴルフR」は、エンジンスペックが向上。ゴルフGTIは従来の220psから230psに、ゴルフRは280psから310psとなっている。なお、Rには新開発の湿式7速DSGが採用された点も新しい。