乗り物
2017/6/14 20:00

温かさが魅力のKG Craftのペーパークラフトに新作! 12分の1スケールであのクルマを再現できる

先日当サイトでご紹介した「アルファロメオ ジュリア1300 GTA」のペーパークラフトを覚えているだろうか? グラフィックデザイナーでありペーパークラフトデザイナーでもある梶原三喜男さんが主宰するKG Craftの作品だ。クルマ好きが見れば一目で同車とわかる見事な出来だが、それはリアルさを追求したというよりは、むしろ独特の温かさが特徴だった。今回は、そんなKG Craftの最新作をご紹介しよう。それが「ランチア デルタ エボII」だ。

lancia-delta_package

 

最新作「ランチア デルタ エボII」も、前作に引き続き、クラフトコンテンツの企画・制作などを行う“アップリフト”より商品化されている。温かさを感じさせる作風は前作から継続。今回モチーフとされた同車は1993年~1995年に製造された車両であり、クラシックカーと呼ぶには新しいのだが、それでもマーメイド紙を採用したことでKG Craftのペーパークラフト作品らしい手作り感と柔らかなフォルムを存分に楽しめる仕様とされている。

20170614_hayashi_LB_05

ペーパークラフト初心者には難かしい内装の作業を省力化するため、ガラスは黒フィルムで表現。それでいて、フロントグリル、ホイール、ワイパーといったクルマ好きが注目する細部は忠実に再現されており、作り応えは充分だ。キット内容は、A4展開図×14(マーメイド紙8枚、上質紙6枚)のほか、A5窓用黒フィルムが1枚、それにA4組立説明書1冊が付属する。写真で見るとミニチュアカーのように感じるが、実際は12分の1スケール(全長約32cm×幅約17cm×高さ約13cm)。それなりに大柄だから完成後の存在感も抜群だ。

20170614_hayashi_LB_06

「紙の持つ独特の風合いとぬくもり、プラモデルとは違った存在感を楽しめるペーパークラフトの魅力を実際に作って実感していただけたらと思います。」という梶原さん。KG Craftの次作を楽しみに待ちたい。

 

参考:KG Craft World http://kj-graphic.com/page/modelart.html

 

写真提供・発売元:アップリフト http://www.uplift.jp/products/uplift-models/giulia.php