乗り物
2017/6/21 8:00

ラグジャリー度と安全性が向上! キャデラック・エスカレードがアップデート

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、1999年に登場して以来、本国アメリカをはじめ我が国においてもセレブや事業家などに愛されているアメリカンラグジュアリーフルサイズSUV、「キャデラック エスカレード」のアップデート版を全国の正規ディーラーネットワークで2017年6月17日から販売。

20170620_hayashi_LB_06

 

この新型は、パワートレインに新たにハイドラマティック8速ATを採用していることがトピック。ギアを多段化することで従来の6速ATよりもエンジンのパワーを効率よく使えるようになり、高速巡航時にエンジンの回転数を抑えることを可能としている。加えて、セレクタブル4WDにオフロードでの走破性や牽引性能を向上させるLowレンジを追加。重量物を牽引する際の対応力を向上させた。

 

また、エンジンも堂々たる存在感に相応しい十二分なパフォーマンスを発揮するが(パワー&トルクは従来と変わらず426㎰と63.5Nm)トランスミッションが多段化されたことで社会性も向上している。

20170620_hayashi_LB_07

 

また「キャデラック エスカレード プレミアム」では、ベンチシートを2列目に標準装備。乗車定員を7人から8人へ増員し、ゆとりのあるドライブ感覚を提供。シートはパワーフォールディング機能による折りたたみが可能で、ラゲッジスペースをフラットにすることもできる。

 

また、「キャデラック エスカレード プラチナム」はデジタルデバイスとの親和性を高めるため後席にHDMIやUSBポートを追加。ヘッドフォンを従来の赤外線ワイヤレスから4チャンネルデジタル式に変更することで音質の強化を図った。

20170620_hayashi_LB_08

 

全長5,195mm×全幅2,065mm×全高1,910mmという大柄なボディの取り回しをアシストするため、縦列や並列駐車のスペース検知機能や自動的にハンドル操作を行なう「オートマチックパーキングアシスト」、従来のミラーより3倍の視野を確保する「カメラレンズウォッシャー付リアカメラミラー」といった運転支援システムを搭載して安全性も向上している。

20170620_hayashi_LB_09

 

ボディカラーは「セーブルブラック」と「クリスタルホワイトトゥリコート」の2色を設定。

 

価格は「エスカレード プレミアム」が1260万円(税込)、「エスカレード プラチナム」が1360万円(税込)。

 

 

 

TAG
SHARE ON