乗り物
2017/6/23 6:00

累計販売台数1400万台超えの人気コンパクトカーが6代目に! フォルクスワーゲンの新型ポロがデビュー

フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、新型「ポロ」をベルリンで世界初公開をした。

20170622_LB_01

 

累計販売台数が1400万台を超えるフォルクスワーゲンコンパクトカーの人気モデルが、6代目へと進化した。新型ポロは、「ゴルフ」や「パサート」、「ティグアン」などにも採用される横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を用いることで、最新のテクノロジーを手に入れている。

20170622_LB_02

 

従来の保守的なエクステリアから一新。ボディサイズも大幅に拡大され、全長4053mm×全幅1750mm×全高1446mmとなり、日本国内の規格では3ナンバー化となる。これは先代に比べて全長が81mm、全幅が69mm拡大する一方、全高は7mm低く抑えられ、ロー&ワイドなエクステリアはBセグメントモデルでもスポーティな印象を与えるものだ。水平ラインを強調する前後のデザインにより存在感を明確にし、ヘッドライトから始まるショルダーラインと、その下に設けられた矢を模した形の2本のライン(トルネードライン)が新型ポロのサイドビューをより印象的なものにしている。なお、新型ポロは5ドアハッチバックのみのラインナップとなる。

20170622_LB_03]

 

フォルクスワーゲンが゛世界で最も安全なコンパクトカー゛と豪語する新型「ポロ」には自動ブレーキ/歩行者モニタリング/フロントアシストを全グレードに標準装備。その警告機能と自動ブレーキ機能は、高速道路や市街地などで、衝突を回避するのに役立つ。 また、走行スピードを設定速度に制限するスピードリミッターも全車に標準化した。オプションで、アダプティブクルーズコントロール(ACC)を設定。ACCは、交通状況に応じて自動的に加減速を行なうレーダーを使ったスマートなクルーズコントロール。最大210 km /hまでの範囲で作動し、7速DSG仕様ではストップ&ゴー機能が付く。またブラインドスポットディテクションは追い越し時に死角に車両がある場合、ドアミラーに警告を発する。またBセグメントカーでは世界初となるデジタルメータークラスター「Active info Display」を採用。ついに仮想現実のメーターが「ポロ」に搭載されたことには驚きを隠せない。

20170622_LB_04

 

ラインナップでは、「トレンドライン」「コンフォートライン」「ハイライン」そして「Rライン」を設定。さらに、高級オーディオメーカー「Beats」とのコラボレーションモデルも用意。300Wのオーディオシステムが選択できる。さらにスポーツモデルの「GTI」も設定、エンジンは直列4気筒2.0リッターTSIで200PSを発生する。

 

新型「ポロ」は、2017年内にヨーロッパで発売予定。日本での発売は来年以降となる見込みだ。