乗り物
クルマ
2017/9/10 20:00

フルモデルチェンジの新型「日産・リーフ」、ライバル「テスラ・モデル3」に対する勝算は?

日産自動車は9月6日、フルモデルチェンジを受けて2代目となった新型「日産リーフ」を発表した。グレードおよび税込車両価格は以下のとおり。

20170908_hayashi_LV_09

・リーフS:315万360円

・リーフX:351万3240円

・リーフG:399万600円

20170908_hayashi_LV_10

ボディサイズは全長4480×全幅1790×1540mmで、ホイールベースは2700mm。先代より少しロー&ワイドになった。外観デザインは、スリークなシルエットとクールで先進的な表現が、EVらしい爽快な走りを予感させるもの。日産のデザインランゲージであるブーメラン型のランプシグネチャーや、Vモーショングリルの採用が新世代モデルを実感させる。

20170908_hayashi_LV_11

インテリアデザインは、日産ブランドモデル共通のデザインテーマ「グライディング・ウイング」を採用し、上質感とハイテク感のある空間に仕上げられた。

20170908_hayashi_LV_12

新型は、EVとしての性能が大きく向上している。40kWhのリチウムイオンバッテリーと、150ps/320Nmを発揮するEM57モーターを搭載。JC08モード航続距離は従来の200〜280kmを大幅に上回る400kmを実現した。普通充電による充電時間は3kWで16時間、6kWで8時間、80%まで急速充電する時間は40分と発表された。

20170908_hayashi_LV_13

新型にはアクセルペダルの操作だけで発進、加速、減速、停止までをコントロールすることができる「e-Pedal」を搭載したほか、現行型のセレナやエクストレイルなどでお馴染みの、高速道路同一車線での自動運転技術「プロパイロット」を搭載。さらに駐車時にステアリングやアクセル、ブレーキ、シフトチェンジ、パーキングブレーキのすべて自動で制御する「プロパイロット パーキング」を搭載し、簡単操作で安全に車庫入れや縦列駐車ができるようになった。

20170908_hayashi_LV_14

さて、新型リーフの最大のライバルと目されているのが、テスラの新型コンパクトEVの「モデル3」。こちらは2019年以降に日本に導入される見込み。アメリカ市場での車両価格は3万5000ドル(約381万円)〜で、航続距離は220マイル(約354km)と発表されている。車両価格は装備内容にもよるので現段階での比較は難しいが、航続距離や新たな自動運転技術の採用といった部分に注目すれば、いまのところ新型リーフに軍配が上がりそうだ。

 

 

 

TAG
SHARE ON