乗り物
2017/9/19 20:00

【スクープ】次期型「スープラ」に続く、レクサスとBMWのコラボモデルに関する新情報!

実現すれば、次期型「スープラ」に続くトヨタとBMW共同開発によるモデルとなる、新たな最強プロジェクトの情報が入ってきた。

20170919_hayashi_LV_01

それはレクサス最小となる、初のプレミアムコンパクトになるといい、ボディサイズはレクサスの現在最小モデルとなる「CT」や、ライバルのアウディ「A1」より小さい、全長3950mm程度の5ドアスタイルとなる可能性が高いという。

 

予想CGによれば、エクステリアデザインはフェンダー周りに切れ込み、グリルラインに合わせた両サイドのエアインテークが配置されており、ワイド感を演出している。また、LEDヘッドライトもアグレッシブな形状で、コンパクトながらレクサスらしい押しの強いフロントエンドが特徴的だ。

 

パワートレインについては、BMW製1.5リッター直列3気筒エンジンの搭載が噂されており、最高出力は140ps程度との予想だ。

 

コンパクトながら走りに特化したスペシャリティ・コンパクトとなるであろう本モデルであり、販売価格も「CT」を大幅に下回る290万円台からを期待したいところだが、果たしてその実現性やいかに。

 

 

 

TAG
SHARE ON