乗り物
2017/12/22 6:00

ポルシェミュージアムが最古の911を初披露

ポルシェAGが運営するポルシェ ミュージアムではこのほど、3年をかけてレストアした最古の911を同ミュージアムのコレクションに追加。2017年12月14日から2018年4月8日までの期間、「911(901 No.57)-レジェンドのテイクオフ」と題した特別展示を開催中だ。

1221_levolant04

 

 

3年かけてフルレストア

レッドカラーにペイントされたこのクーペは、1964年に初の量産スポーツモデルとして生産された1台。当時は901の名で知られていた。誕生からちょうど50年が経過したタイミングで、ポルシェ ミュージアムは偶然にもこのレアな個体に出会い、レストアを視野に入れて購入に至った。

 

1221_levolant05

ひどく錆ついた状態を元に戻すまでには、合計で3年もの年月が費やされた。これは別の個体(このレストアのためにもう1台購入)から取った純正のボディパーツを使用するなどしたため。レストアは原則として、パーツ交換を最小限にとどめ、できるだけ元のパーツを利用する方針だった。

 

1221_levolant06

こうしてポルシェ ミュージアムは歴史的に重要なスポーツカーを、見事に蘇らせたのである。

 

TAG
SHARE ON