乗り物
2018/1/19 20:00

次世代ポルシェ「911カブリオレ」でフラップドアノブ復活!

ついに次世代ポルシェ「911カブリオレ」のルーフをオープンにした姿が捉えられた。ポルシェはペイントで偽装せずにダミーパーツやパネルで隠されるために生産型モデルとの識別が困難だが、今回は進化するボディの一端が確認できる。

20180119_kakimoto_LV_01

 

確認された「992」はホイールベースは延長されるものの、全長は現行同様のようで、リアでは左右テールライトを結ぶLEDストリップライト、ワイドになったトレッドが見てとれる。ラジエーターグリルのセンターと右の小さなレーダーは新開発の自動運転支援システム用と思われる。また、注目はドアノブで、996(2002年から2004年の5代目911)以来となる「フラップタイプ」となっている。

 

20180119_kakimoto_LV_02

 

室内では新型パナメーラから流用される高解像度ディスプレイ、タッチセンシティブコマンドが搭載となり、タコメーター以外はデジタル化さえるインストルメントクラスターとなる。

 

20180119_kakimoto_LV_03

 

パワートレインは3.0リッター水平対抗6気筒ターボエンジンで最高出力は390ps程度と予想されている。

 

ワールドプレミアは2018年後半とされる。

 

 

 

TAG
SHARE ON