乗り物
クルマ
2018/2/15 20:00

ポルシェのEV戦略がさらに加速!

ポルシェAGはこのほど、プラグインハイブリッドとEVの両方に重点を置きながら、2022年までにE-モビリティに60億ユーロ(約8077億円)を超える投資を行なうと発表した。

 

ポルシェAG社長のオリバー・ブルーメはこのように説明している。
「当社はE-モビリティに対する支出を30億ユーロから60億ユーロ以上に倍増します。今回の決定によって、エンジン搭載モデルの開発と並行して、将来のために重要な進路を設定します」

 

Porsche-EV_02

2022年までに60億ユーロ超を投資

 

30億ユーロの追加額の内訳は、5億ユーロが「ミッションE」とその派生モデルの開発、10億ユーロが既存のプロダクトレンジの電化およびハイブリッド化、数億ユーロが拠点の拡張、そして7億ユーロが新しいテクノロジー、充電インフラおよびスマートモビリティへの投資だ。

 

Porsche-EV_12

 

ツッフェンハウゼンでは、新設の塗装工場、専用の組み立てエリア、塗装済みボディとドライブユニットを最終組み立てエリアまで運ぶためのコンベアブリッジを現在建設中。既存のエンジン工場はエレクトリックドライブを製造するために拡張されており、車体工場も拡張する予定だ。同時にヴァイザッハ開発センターへの投資も行なわれる。ミッションEプロジェクトでは、新たに約1200の新しい雇用を創出している。

 

Porsche-EV_06

 

純粋な電気自動車のミッションEスポーツカーは、最高出力600psを発生し、0-100km/h加速は3.5秒以下でこなす。加速と制動を反復しても性能を損なうことがなく、航続距離は500km(NEDC) におよぶ。充電時間は非常に短く、800Vのシステム電圧を採用することによって、わずか15分の充電で400kmを走行することができる。

 

Porsche-EV_03

 

一方、新型パナメーラの発売を機に、第3世代ポルシェ プラグインハイブリッドを備えたふたつのバージョンが加わっている。両バージョンともに電気駆動のみによる約50kmの航続距離を備えたモデルで、なかでもフラグシップモデルであるパナメーラ ターボS E-ハイブリッドは、4リッターV8エンジンとエレクトリックモーターが680psのシステム最高出力を発生し、卓越した性能と最高の効率性を見事に両立させている。このモデルは、ハイブリッドドライブシステムの採用によりラグジャリーセグメントで最もスポ-ティなモデルとなる。

 

ハイブリッドモデルに対してはカスタマーからも好評を得ている。市場発売以来、欧州で販売されたパナメーラ モデル全車両の約60%がこの最新ドライブを搭載。この数字はスカンジナビア地方でとくに高く、約90%に達しているという。

TAG
SHARE ON