乗り物
2016/4/2 9:00

こんなオリジナルが製作可能! グローブ・トロッターが特注したレンジローバーをチェックしてみる

ドアシルやウッドパネルにロゴを刻印

グローブ・トロッター アジア・パシフィックからの依頼を受け、ジャガー・ランドローバーが誇る特殊車両製作チームのSVO(スペシャル・ビークル・オペレーションズ)が開発していた「グローブ・トロッター仕様レンジローバー」が完成し、3月28日に納車を完了した発表された。

lb160401-02 (2)

グローブ・トロッター アジア・パシフィック代表取締役の田窪寿保氏によれば、グローブ・トロッターが提唱する『ラグジュアリー・アドベンチャー』の世界観はランドローバーのブランド精神である“Above and Beyond”と合致しており、それがこのレンジローバーをベースにしたビスポークカーをオーダーするきっかけとなったそうだ。

 

ベースとなったのは380psを発生する3.0リッターV6スーパーチャージドエンジンを搭載したレンジローバーLWBヴォーグで、エクステリアカラーにグローブ・トロッター特別色の“ボスポラス”、インテリアカラーにエボニー/アイボリーを採用。また、テールゲートやヘッドレスト、アームレスト、ディスプレイパネル、イルミネーテッドトレッドプレートなど、車内各所にグローブ・トロッターのシンボルマークである“ノース・スター”ロゴが配されている。

lb160401-02 (3)

なお、このモデルは3月31日に東京・銀座数寄屋橋の東急プラザ銀座1Fにオープンする日本初のグローブ・トロッター路面旗艦店「GLOBE-TROTTER GINZA(グローブ・トロッター銀座)」にて、メンバー専用の特別な空間「THE CLUBHOUSE(ザ・クラブハウス)」の顧客を店舗から羽田、成田空港へと送り届けるショーファーカーサービスに活用されるとのこと。市販されることのない希少なビスポークモデルが空港の出発ロビー前に到着した姿を見かけることができたなら、きっといい旅になるのではないでしょうか。

 

フォトギャラリーはコチラ

 

【関連記事】

【トピックス】こんなオリジナルが製作可能! グローブ・トロッターが特注したレンジローバーをチェックしてみる

【ハリウッドクルマニュース】アカデミー賞おめでとう! プリウスLOVEなディカプリオ、現在の愛車はまさかの……!?

【ハリウッドクルマニュース】カッコよすぎ! “お騒がせセレブ”ケンダル・ジェンナーのクルマ遍歴がスゴすぎる