乗り物
2016/4/3 7:30

【ニューモデル】これがテスラ流コンパクト! 「モデル3」はフル充電で346kmの走行が可能に

テスラ・モーターズは3月31日(日本時間4月1日)、新型電気自動車(EV)の「モデル3」を発表。プレゼンテーションの様子が同社の公式ウェブサイト上でビデオ配信された。

 

モデル3は、ロードスター、モデルS、モデルXに続く同社のEV第4弾。車両の詳細スペックは続報を待つことになるが、プレゼンテーションを見る限り、ボディは日本でも取り回しやすそうなコンパクトサイズのようで、車両後端まで一連の弧を描くフォルムが特徴的だ。

 

0→97km/h加速は6秒をマーク

航続距離は1回の充電で215マイル(約346km)を実現した。また0→60マイル(約97km/h)を6秒でこなす加速性能が備わっている。また昨今クルマ業界で話題となっている自動運転機能だが、このモデル3にもモデルSに準じたオートパイロットが搭載されるという。

 

テスラのオートパイロットは、アダプティブクルーズコントロールに走行レーンキープ機能が加えられたもの。ちなみに日本仕様のモデルSは単眼カメラやレーダー、ソナーを搭載。5分おきにステアリングホイールに触れることなど条件付きとなるが、理論上は合法的にドライバーの操作なしでドライブできるようになっている。

 

実車が披露されたプレゼンテーションからは、わずかながらインテリアも見られ、センターパネル中央に据えられたモニターはかなり大型なものであることがうかがえる。

 

モデル3の米国市場での販売価格は3万5000ドル(約393万円)からで、2017年後半に生産がスタート。同年末頃からデリバリーが始まるという。詳細なスペックや日本導入に関する情報など、続報を入手次第、お届けしたい。

 

 

【関連記事】

【ニューモデル】これがテスラ流コンパクト! 「モデル3」はフル充電で346kmの走行が可能に

【トピックス】野球シーズンの到来に合わせ、シボレー・カマロがデトロイト・タイガースのホーム球場にド派手入場!

【動画】最高速チャレンジ! 「ワイルド・スピード」のミシェル・ロドリゲスがジャガーFタイプSVRをドライブ

【URL】

テスラ モーターズジャパン https://www.teslamotors.com/jp

 

TAG
SHARE ON