乗り物
2016/4/3 14:05

将来、鍵はきっとこうなる! 日立とホンダがアルコール検知機能付きスマートキーを開発

チェックはわずか3秒で完了

3月24日、ホンダがスマートキー対応のポータブル呼気アルコール検知器の試作に成功したと発表した。この検知器をスマートキーに内蔵することにより、酒気帯び状態と判断された場合にはエンジンを始動させないアルコール・インターロック機能が実現可能になるとのこと。

 

日本では0.15ミリグラム/リットルの呼気中エタノール濃度で酒気帯び状態と判断されるが、ホンダが日立製作所と共同開発したこのポータブル検知器では、その10分の1程度まで測定できる精度が確認されているという。しかも、測定に要する時間はわずか約3秒とのことなので、測定値が正常な場合のみエンジンを始動できる装置が車載されたとしても、問題がなければこれまでとほとんど変わらない手間と時間ですみそうだ。

 

ホンダはすでに測定結果をもとにエンジン始動の可否をディスプレイに表示するシステムを完成させており、今後は実用化に向け、実証実験によるデータ収集を進めていくとしている。

ln160403-01 (2)

写真をご覧のとおり、サイズ的にはもうひとまわりほど小さくなってほしい感はあるものの、画期的な認証方法なのは間違いない。エンジンを始動する前にキーに息を吹きかけるこの儀式、一刻も早く市販車を運転するときの“当たり前”になってほしいものだ。

 

【関連記事】

【クルマノミライ】将来、鍵はきっとこうなる! 日立とホンダがアルコール検知機能付きスマートキーを開発

【トピックス】ノンハイブリッドの3.5リッター・ツインターボ搭載! 新型NSX GT3が発進

【トピックス】ついに量産スタート! 新型NSXはこうして作られる

TAG
SHARE ON