乗り物
2018/3/4 19:00

日産とDeNAが無人運転車での実証実験を開始!

一般モニターは公式サイトで募集した約300組

日産とDeNAは2月23日、無人運転車両を活用した共同開発中の新しい交通サービス「Easy Ride(イージーライド)」の実証実験を2018年3月5日(月)より神奈川県横浜市のみなとみらい地区周辺で開始すると発表した。なお、本実証実験には公式サイトで募集した一般モニター約300組が参加する予定となっている。

20180302_suzuki_01

この実験では、自動運転技術を搭載した実験車両が一般モニターを乗せ、日産グローバル本社から横浜ワールドポーターズまでの合計約4.5Kmのコースを往復運行する。そして、実験を通じて「Easy Ride」のサービス仕様の評価・確認を行ない、誰もがどこからでも好きな場所へと自由に移動できる新しい交通サービスの実現を目指す。

Nissan_DeNA_04

また、モニター参加者には目的地の設定や配車などの基本的なサービスに加え、移動だけにとどまらない新しい乗車体験を提供する。たとえば、目的地は専用のモバイルアプリで直接指定する以外に、参加者が「やりたいこと」をテキストや音声で入力。おすすめの候補地を表示させて、その中から目的地を選択することができる。

Nissan_DeNA_07-1024x384

さらに、乗車中に走行ルート周辺のおすすめスポットやイベント情報などが車載タブレット端末に表示されるほか(約500件)、店舗などで使えるお得なクーポンも40件程度用意されるという。

Nissan_DeNA_05

なお、日産とDeNAは参加者に安心して乗車してもらうため走行中の車両の位置や状態をリアルタイムで把握できる遠隔管制センターを新たに設置。両社の先進技術を融合させたシステムによる遠隔管制のテストも行なう。

20180302_suzuki_01 (35)

乗車後に実施する一般モニター向けアンケートでは、乗降時や乗車中の体験についての評価や周辺店舗と連動したサービスの利用状況、実用化した場合の想定利用価格などの情報を収集。それを基にして、さらなるサービス開発や今後の実証実験に活用する予定としている。

20180302_suzuki_01 (27)

なお、両社は2020年代早期に本格的なサービス提供を目指し、街の魅力に触れる機会を増やすことで地域経済の活性化にも貢献していくとしている。

 

この実証実験は、横浜市が2017年4⽉に⽴ち上げた「IoTオープンイノベーション・パートナーズ」の取り組みのひとつとして、また、「自動運転ロボット利活用サービス」として、神奈川県の「さがみロボット産業特区」における重点プロジェクトにも位置づけられている。

TAG
SHARE ON