乗り物
2016/4/6 15:30

深さ1メートルの川も突破! メルセデス・ベンツが最強のGクラスG550 4×4 2を発売

4月4日、メルセデス・ベンツ日本は特別仕様車「メルセデス・ベンツG 550 4×4²(フォー・バイ・フォー・スクエアード)」の限定発売を発表した。この特別仕様車はGクラスの37年におよぶ歴史で培った特殊車両技術を惜しみなく投入したオフローダーとのことで、アジア地域では日本のみ、2016年5月31日までの期間限定の販売となる。左ハンドルのみで、価格は3510万円。

 

最大の特徴は足まわりで、各輪ごとにスプリングとダンパーを2本ずつ装着した、新開発のラリー強化仕様ツインサスペンションが採用された。ダンパーは減衰特性固定式と電子制御可変式を組み合わせ、センターコンソールのボタンによりコンフォートモードとスポーツモードを約1秒以内で切り替え可能だ。コンフォートモードでは、通常時には減衰力を抑えて乗り心地を高めつつ、急激な回避操作など限界に近い状況では自動的に減衰力を高める可変制御が行なわれる。

Mercedes-Benz G500 4x4² Showcar

加えて防弾仕様車の技術をベースにした“ポータルアクスル”により、ベースモデルと車軸位置を変えることなく最低地上高を235mmから460mmへと高め、渡河深度を600mmから1000mmへと拡大。砂地、岩場、水たまりといった悪路での走破性を高めた上で、“コンフォートモード”と通常モデルとほぼ変わらないボディによって、街中で快適にクルージングできる仕様となっている。

 

また、カーボンファイバー製オーバーフェンダーで延長されたフェンダーフレアを見ての通り、トレッド幅はノーマルから229mmも拡大されて1774mmに。325/55R22サイズの大きなタイヤと“スポーツモード”と合わせ、コーナリング性能を高めている。

Mercedes-Benz G500 4x4² Showcar

そのほか、ステンレス製アンダーガード、カーボンファイバー製フロントルーフスポイラー(LEDライト付き)、360度カメラシステム(日本専用装備)、designoレザーブラック/ダイヤモンドステッチ入りDINAMICAブラックマイクロファイバーのシートおよびドアパネルなどを特別装備。ボディカラーは写真のエレクトリックビーム(専用色)、designoミスティックホワイト2、designoマグノプラチナムマット、オブシディアンブラックの4色が用意されている。

 

フォトギャラリーはコチラ

 

【関連記事】

【スクープ】Sクラスだけじゃない! これがメルセデス-マイバッハEクラスの確たる証拠

【ニューモデル】深さ1メートルの川も突破! メルセデス・ベンツが最強のGクラス、G550 4×4 2を発売

【トピックス】その名も「メルセデス・ベンツ プレミアムスイート」! ヤフオクドームのVIPルームがより豪華に!?