乗り物
2016/4/7 12:02

エレガントに行く? それともワイルドに? ふたつの個性を持つ新型DS 4がデビュー

4月1日、プジョー・シトロエン・ジャポンはDSブランド最新のフロントグリルを採用するフェイスリフトを実施した新型「DS 4」と、同シリーズの新たなラインナップとなるSUVタイプの「DS 4 CROSSBACK」を発表した。新型DS 4の価格はベースモデルの「Chic」が293万円、上級仕様の「Chic DS LED Vision Package」が326万円、DS 4 CROSSBACKが338万円となっている。

 

今回のフェイスリフトは、“DS WING”と名付けられた新デザインのフロントグリルの採用が最大の変更点。165ps(121kW)/240Nmの1.6リッターターボ4気筒ガソリンエンジンと6速ATを組み合わせたドライブトレインなど、メカニズム面は従来モデルのそれが引き継がれている。

lb160407-01 (2)

上級仕様のChic DS LED Vision Packageは、ハロゲンヘッドライトに代えてバイキセノンディレクショナルヘッドライト、フロントフォグランプのLED化、後席サイドおよびリアのスーパーティンテッドガラス、クローム・ドアサイドモールディング、スマートキーシステム、アルミペダル、ファブリックに代えてファブリック/アルカンターラ/レザーのコンビネーションシート、運転席アンダートレイなどが、ベースモデルのChicからの変更点として挙げられる。また、表皮デザインが特徴的なクラブレザーシートは、Chicでは選択できないオプションだ。

 

lb160407-01 (3)

ニューモデルのDS 4 CROSSBACKは、地上高を20mm、全高を30mm高めてSUVテイストを加えたモデル。装備内容はDS 4 Chic DS LED Vision Packageに準じており、加えて専用デザインフロントバンパー、ルーフおよびホイールアーチのモールディング、ノアールベルラネラ色ドアミラー&ルーフスポイラー、リア車名エンブレム、ブラックアルミホイールなどが専用装備される。また、専用ボディカラーとして“オランジュ トルマリン”も設定されている。

 

あからさまに“土”を感じさせないコスメティック要素は、立体駐車場に収まる1530mmの全高も含めていかにもDSブランドらしいアプローチといえるだろう。DSブランドのエレガントさの中にもワイルドさを忍ばせたいなら、このニューモデルは格好の選択肢となりそうだ。

 

フォトギャラリーはコチラ

 

【関連記事】

【ニューモデル】燃費はなんと3割も向上! 世界一トンガったハッチバック(?)DS 5が新型にスイッチ

【ニューモデル】エレガントに行く? それともワイルドに? ふたつの個性を持つ新型DS 4がデビュー

【トピックス】「ぐるなび」でフレンチを予約するとDSのタクシーが迎えに来る!? という話