乗り物
2018/3/17 18:00

追越し車線をノロノロ走る車を左側から追越したらダメ?「右ウィンカー」は効果ある?

追越し車線は本来、「追越しのための車線」なので、追越しが終わったら速やかに走行車線に戻らなければならない。追越し車線を走り続けて良い距離は「おおむね2キロ」と確か教習所で習った記憶があるが、実際には1.5キロ程度で捕まることもある(かつて、当コラムでも書いた筆者の経験でもある)。

追越し車線に移って追越しを行った後に追越し車線を走ってもよいとされる距離は、「十分な車間距離(前後100m)が取れる状態で、走行車線へ安全に戻るために必要な距離」となる。走行車線に車が詰まっているなどの状態では、「安全に戻れる」とは言い難いので、安全が確認できるまで追越し車線を走り続けても問題はない。

 

しかし、このような意識を微塵も持たず、追越し車線と走行車線の違いも判らず、罪の意識ナシに追越し車線を走り続ける車もたまにいる。最近は外国人観光客が日本の交通ルールをほとんど理解せずにレンタカーで高速道路を走っているケースも増えているし、大型トラックはリミッターが90km/hなので、それ以上出そうと思っても物理的に無理ということもある。

 

追越し車線を走り続けると車両通行帯違反(違反点数は1点で、反則金6,000円)となり、時速90km程度で追越し車線をふさぐようにして走られると、後続車にとってもかなり迷惑だ。とくに大型トラックが前をノロノロ走っていると、視界もさえぎられ、いつ退いてくれるかもわからないストレスフルな状態で走り続けなければならない。左車線も車が詰まっているなら、まさに八方ふさがりの状態だ。そしてこの状態が渋滞の原因を作ってしまうことにもなる。

 

■追越し車線を塞ぐ車にどいてもらうにはどうしたらいい?

八方ふさがりの状態であれば、もろもろの状況が改善するのをひたすら待つしかないわけだが、左側の車線が空いているにもかかわらず追越し車線をずっと走り続ける車に遭遇した場合、どうやって、道を開けてもらうのがいいだろうか? パッシングで「道を譲って!」アピールをするのも、あおり運転になりそうな気がしてなんとなく憚られる。

 

ちなみに、神奈川県警のサイトによると、あおり運転等は道路交通法上の定義ではない、と断りを入れながらも、「一般的に前方を走行する車に対して進路を譲るよう強要する行為であり、車間距離を詰めて異常接近したり、追い回す、幅寄せ、パッシング、警音器使用等によって相手を威嚇したり、嫌がらせをする等の行為」と定義づけている。そして、前車との車間距離を必要以上に詰める行為は、「車間距離不保持」(道路交通法第26条)となり、3月以下の懲役又は5万円以下の罰金(高速自動車国道等)が科せられる。

 

■「右ウィンカー」は、効果ある?

前方の車にどいてもらうための方法としてパッシングのほかに、右ウィンカーがある。大型トラックなど、パッシングでは気づきにくい車に対するアピールとして有効とされる方法だ。由来は「大型トラック同士のコミュニケーションから始まった」と書いているメディアもあるが、筆者の感覚だと、右ウィンカーは「ドイツ・アウトバーンでの追越し方法」で、パッシングよりもスマートな方法という認識だ。

 

で、この右ウィンカー、確かにパッシングより控えめだし、煽り運転の定義には入っていない……。(とはいえ、サンキューハザードと同様、本来の目的以外でウィンカーを出す行為は禁じられている。念のため)

 

ちなみに右ウィンカーを出して退いてもらう場合、アウトバーンでは、かなり後方から右ウィンカーを出しながら接近というスタイルが一般的だが、日本ではどうだろうか?

 

そもそも、後ろなんて見ない、という意識の低いドライバーもいるだろうから、そうなればパッシングでも右ウィンカーでも効果はできないだろう。ヘタすれば「後ろの車が煽ってきます!!」なんて通報される危険性もある。実際は、追越し車線をノロノロ走る車が悪いのに、あおり運転で通報されたらたまったもんじゃない。

 

■左側から追越したらどうなる?

左の走行車線がガラガラなら、追越し車線を遅く走る車を左側から追越せばいいのでは?と思う人もいるだろう。実際、高速道路でよく見かける光景だ。わざわざ前の車を退かせる必要もないし、あおり運転だと騒がれることもない。しかし実はこれ、「追越し違反」になる場合がある。左側から追い抜いて、しばらく走行車線を走っていれば問題ないが(これがいわゆる「追い抜き」)、左側から遅い車を抜いて、すぐにまた追越し車線に戻ると「追越し違反」で取り締まりの対象になる場合があるので、ご注意を。左側に移って、しばらく走行して、また遅い車に追いついたら追越し車線に移って追越しをすればOK。

 

【著者プロフィール】

加藤久美子

山口県生まれ 学生時代は某トヨタディーラーで納車引取のバイトに明け暮れ運転技術と洗車技術を磨く。日刊自動車新聞社に入社後は自動車年鑑、輸入車ガイドブックなどの編集に携わる。その後フリーランスへ。一般誌、女性誌、ウェブ媒体、育児雑誌などへの寄稿のほか、テレビやラジオの情報番組などにも出演多数。公認チャイルドシート指導員として、車と子供の安全に関する啓発活動も行う。愛車は新車から19年&24万キロ超乗っているアルファスパイダー。

TAG
SHARE ON