乗り物
2018/3/30 20:00

ジャガー Iペイスが深夜のモナコGPコースを“静かに”激走

ジャガー・ランドローバーはこのほど、ジャガー初のEV「Iペイス」でフォーミュラ1モナコGPのコースを走るというユニークな動画を公開した。

 

 

 

ジャガーIペイスは、2018年3月上旬に開催されたジュネーブ・ショーで初公開。パナソニック・ジャガー・レーシングとして参戦するフォーミュラEで培ったEV技術が生かされており、400ps/696Nmを発揮するモーターで4輪を駆動。0-100km/hを4.8秒でこなす性能とともに、480kmの航続距離を実現している。

 

 

今回の動画は、このIペイスを深夜のモナコGPコースでこっそり走らせるというもの。ステアリングを握るのは、パナソニック・ジャガー・レーシングのミッチ・エヴァンス選手だ。

 

この動画でジャガーが表現したかったのは、卓越した走りのパフォーマンスをEVならではの静かさで実現できているということ。テクニカルなモナコGPコースを駆け抜けるIペイスは、付近の人たちに気付かれることなくコースを走り切ってしまう。

 

 

英国では3月から販売がスタートしており、車両価格は6万3495ポンド(約954万円)からと発表されている。ちなみに、日本市場では未発売ながらジャガーの公式サイトではモデルラインナップとして掲載されていることから、近い将来、発売される可能性が高そうだ。