乗り物
2016/4/19 11:22

ポップアート界のレジェンド、ピーター・ブレイクがデザインしたベントレーがすごいことに

ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブルをベースにしたワンオフモデルが完成し、ベントレー・モーターズから発表された。手掛けたのは英国ポップアートの巨匠、ピーター・ブレイクだ。

lb160419-01 (2)

1932年生まれのピーター・ブレイクは、1967年のビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」のアルバムジャケットを手掛けるなど、輝かしい実績の持ち主だ。長きに渡って活躍している彼の業績にベントレーが敬意を表すとともに、世界初のポップアート・ベントレーを作るため、今回のコラボレーションが実現した。

 

ピーターの手掛けたワンオフモデルは、大胆なカラーリングが特徴で、ボディは別注のセントルークズ・ブルーとブリティッシュ・レーシンググリーンに塗られる。コンチネンタルイエローのボンネットにはセントジェームズレッドの大きなハートマークがあしらわれる。フロントグリルのシェルはフクシアピンクだ。

lb160419-01 (3)

インテリアではすべて異なるカラーのシートが個性的で、これはボディカラーに使われた色合いが反映されたものだという。また、ステアリングホイールはレッド、シフトレバーにはピンクのレザーが張られている。各シートのヘッドレストにはピーターのサインが刻まれるほか、ドアのスカッフプレートは専用タイプとなる。

 

このワンオフモデルの制作にあたっては、ピーターのプロデュースのもと、ベントレーのオーダーメイドプログラムを担当する「マリナー」が全面協力したという。

 

実車は6月24日に開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて披露されるとともに、ボナムスのオークションに掛けられ、その売り上げは公益信託「Care2Save」に寄付されるとのことだ。

 

フォトギャラリーはコチラ

 

【関連記事】

【トピックス】ポップアート界のレジェンド、ピーター・ブレイクがデザインしたベントレーがすごいことに

【ニューモデル】ベントレー・コンチネンタルGTスピードがパワーアップ! 大胆不敵な「ブラックエディション」も登場

【スクープ】ベントレー謎のクーペはEXP10? それとも次期コンチネンタルGT……!?

TAG
SHARE ON