乗り物
2016/4/23 14:00

サーキットを激走中! 新型ポルシェ911 GT3はターボになるのか否か

モデルライフ中期の大幅リフレッシュを果たした新型ポルシェ911(タイプ991)のラインナップに、いよいよGT3が投入される。夏には公開されるという新型は、大方の予想通り自然吸気の3.8リッター水平対抗6気筒エンジンを搭載するキープコンセプトな出来栄え。ボンネット先端のエアアウトレット、バンパー下にぐっと張り出したシャープなフロントスポイラー、そして遠目にもGT3とわかるリアスポイラーはもはや定番スタイルだが、このドイツ・ニュルブルクリンクサーキットを走行するテスト車を見ると、新しいボディに合わせてより空力的洗練を深めているといえそうだ。

lb160423-01 (2)

ファンの心を捉えて止まない自然吸気フラット6は、排気量据え置きでスペック的には先代GT3の改良版という位置づけだが、それはレッドライン9000rpmの快感指数ナンバー1エンジン。猫も杓子も快適な優等生シャシー、そして「なんでもターボにお任せ」というクルマばかりが溢れる昨今にあって、各部の軽量化と辛口なシャシーを切れ味鋭い自然吸気フラット6と組み合わせるという、スポーツカーの大定番が継続されるのには喝采を送りたい。

 

もうひとつの朗報はMTを設定するという噂。クルマを操る楽しさではやはりマニュアル、そういう声が届いているのも嬉しい。

 

フォトギャラリーはコチラ

 

【関連記事】

【カー&スポーツ】優勝賞品はマカン! ポルシェがゴルフトーナメント「ミズノオープン」に初協賛

【スクープ】サーキットを激走中! 新型ポルシェ911 GT3はターボになるのか否か ?

【スクープ】ないわけがない! ボルボがCセグメントの新型SUV、XC40の投入を計画

TAG
SHARE ON