乗り物
2016/4/28 8:00

これが新型レクサスISだ! エクステリアはよりアグレッシブに、インテリアはより高品質に

4月25日、レクサスは北京モーターショーで新型「レクサスIS」を公開した。通算4代目となる新型では、歴代ISが受け継いできた個性をさらに際立たせるため、エクステリアデザインをよりアグレッシブにして内装の質感を高め、サスペンションの熟成によるさらなるハンドリングの気持ちよさ、乗り心地の質感の向上により、ISならではの運転する楽しさを進化させているとのこと。

lb160427-03 (4)

エクステリアは“アグレッシブスポーツ”をデザインテーマとしており、フェンダーからダイナミックにつながる塊感のあるバンパーコーナー、内側へと延長してL字型のクリアランスランプと連続性を持たせたヘッドライトによってそれを表現。下部が大きく広げられたレクサスのデザインアイコン「スピンドルグリル」は、両下端のブレーキダクトへ空気を導く機能性を示す狙いもあるという。リアまわりでは、コンビネーションランプを内側に3つのL字を層状に重ねた奥行きのあるデザインとし、エキゾーストパイプの形状変更によってスタンスのよさを強調している。

lb160427-03 (2)

インテリアでは、機能性の向上とIS本来のスポーティさを進化させるとともに、レクサスのセダンとしての質感向上が図られた。具体的には、情報の視認性を高めつつ操作性のよさにもつながる10.3インチの大型マルチメディアディスプレイ、押しやすい角度に改められたメーターフード内蔵のエンジン始動ボタン、大型化したニーパッドを採用したほか、カップホルダーの使用性向上、アナログクロックの視認性向上など、細部にいたるまで質感と利便性を追求しているという。

lb160427-03 (3)

安全装備では、予防安全パッケージの「レクサス・セーフティシステム+」が新採用された。歩行者検知機能付き衝突回避支援タイプの「プリクラッシュセーフティ」、ステアリング振動機能付き「レーンデパーチャーアラート」、ロー/ハイビームを自動的に切り替えるオートマチックハイビーム、車間距離を保ちながら先行車を追従するレーダークルーズコントロールなどで構成されており、多面的な安全運転支援を強化しているとのことだ。

 

新型ISの日本発売は2016年の秋頃の予定。公開された写真によれば、フロントグリルをスポーティなメッシュタイプとしたIS200tと、エレガントな横ラインを採用するIS350の2モデルが少なくとも存在する模様だが、ハイブリッドモデルを含む他ラインナップについてはまだ不明だ。

 

フォトギャラリーはコチラ

 

【関連記事】

【ニューモデル】それはクーペか、SUVか!? メルセデス・ベンツが新型GLEクーペをリリース

【スクープ】新型メルセデス・ベンツCクラスを捕捉!ヘッドライトと……何が変わる?

【北京モーターショー2016】スマートのブラバス仕様、新型は3モデルが一挙にデビュー!