乗り物
2016/4/28 21:00

マツダ・ロードスターの累計生産台数が100万台を突破! なおもギネス記録を更新中

4月25日、マツダは「マツダ・ロードスター(海外名:MX-5)」の累計生産台数が4月22日に100万台に達したことを発表した。1989年4月に宇品第一工場で初代モデルの生産を開始して以来27年での快挙で、5月以降、各地で100万台達成記念車の展示イベントが行なわれる予定。

lb160428-02 (2)

ロードスターは歴代4世代の間に世界中で200を超える賞を受賞しており、現行モデルも2015年に「2015-2016 日本カー・オブ・ザ・イヤー」、2016年に「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」や「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」を獲得。また、“ふたり乗り小型オープンスポーツカー”の累計生産台数ギネス認定世界記録を現在も更新中だ。

 

今回のロードスター100万台達成にあたり、マツダの代表取締役社長兼CEO 小飼雅道氏は「マツダは今年で創業96周年を迎えましたが、節目となる100周年に向かってロードスターを今後もマツダブランドを象徴するクルマとして走る歓びをお届けすることで、選ばれ続けるオンリーワンのブランドになることを目指していきます」とコメントを述べている。

 

lb160428-02 (3)

なお、国内のロードスター100万台達成記念車展示の予定は以下の通り。

5月3日:第40回ひろしまフラワーフェスティバル 花の総合パレード

5月8日:オアシス ロードスター ミーティング

5月12-27日:マツダブランドスペース大阪

5月29日:軽井沢ミーティング2016

 

イベント概要についての詳しい情報は、マツダ公式ウェブサイトの「ロードスター生産累計100万台記念ページ」にてご確認ください。

 

フォトギャラリーはコチラ

 

【関連記事】

【トピックス】マツダ・ロードスターの累計生産台数が100万台を突破! なおもギネス記録を更新中!

【ニューモデル】やっぱりあった! マツダがロードスターの可変ハードトップ仕様をニューヨークショーで公開

【ジュネーブショー2016】ロードスターの兄弟車、124スパイダーに最強のアバルト版が!