乗り物
2016/5/19 15:00

もう駐車で悩まない! 遠隔操作の「リモート・パーキング」が実用化

ビー・エム・ダブリューは、車外から遠隔操作で駐車ができる量産車初の「リモート・パーキング」を7シリーズにオプション設定したと発表した。オプション価格は7万4000円である。

lb160519-02 (1)

リモート・パーキングはBMWグループが2000年より開発を進めている高度自動運転技術を応用したもの。システムが車線と前方車両を検知して、車線中央の走行を維持するようステアリングの自動操舵を行なう「ステアリング&レーン・コントロールアシスト」に続く、将来の自動運転技術応用の第2弾となる革新機能だ。

lb160519-02 (2)

リモート・パーキングは、乗り降りの難しい狭いスペースへの駐車や、駐車スペースからクルマを出す場合などに、車外からBMWディスプレイ・キーを操作することによって遠隔操作で駐車・出庫ができる。またエンジンの停止・始動も、同キーで操作できる。

 

リモート・パーキングの作動時は、前後バンパーに装着されたパーク・ディスタンス・コントロールのセンサーが働いており、障害物や歩行者を検知するとクルマを自動的に停止させる。

 

リモート・パーキングによるデモンストレーションは動画でご確認を。今後はプレミアムブランドを中心に、このような機能がクルマの付加価値を大きく高めていきそうだ。

 

 

【URL】
ビー・エム・ダブリュー http://www.bmw.co.jp

 

【関連記事】

【ニューモデル】ついに「クアッドターボ」時代へ! BMW 750d/750Ldが最強のディーゼルエンジンを搭載

【ニューモデル】BMW M135i/M235iがパワーアップ! M140i/M240iとして堂々発進

【トピックス】ついに解禁! BMW7シリーズの「リモート・パーキング」が日本でも操作可能に

TAG
SHARE ON